連雲港白塔埠空港

連雲港白塔埠空港(れんうんこうはくとうふくうこう)は中華人民共和国江蘇省連雲港市に位置する空港。連雲港市中心部より西25kmに位置する。

連雲港白塔埠
Lianyungang Baitabu Airport
IATA: LYG - ICAO: ZSLG
概要
国・地域 中華人民共和国の旗 中国
所在地 江蘇省連雲港市
種類 軍民共用
運営者 連雲港白塔埠机場有限責任公司
座標 北緯34度34分10秒 東経118度52分35秒 / 北緯34.56944度 東経118.87639度 / 34.56944; 118.87639座標: 北緯34度34分10秒 東経118度52分35秒 / 北緯34.56944度 東経118.87639度 / 34.56944; 118.87639
公式サイト 公式ウェブサイト
滑走路
方向 長さ×幅 (m) 表面
03/21 2,500×50 舗装
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示
連雲港白塔埠空港
各種表記
繁体字 連雲港白塔埠機場
簡体字 连云港白塔埠机场
拼音 Liányúngǎng Báităbù Jīchǎng
発音: リェンユンガン バイターブー ジーチャン
英文 Lianyungang Baitabu Airport
テンプレートを表示

1985年3月26日に開港し、現在北京上海(虹橋)広州桂林大連との定期便が就航している。

歴史編集

  • 1985年3月26日 - 旅客便の運行開始。
  • 2015年8月1日 - 烏魯木斉航空がウルムチー蘭州-連雲港便を週3便で就航(現在は週2便)。
  • 2018年1月29日 - 初の国際線として、中国国際航空が天津-連雲港-バンコク便を就航。
  • 2018年2月1日 - 中国東方航空が南京-連雲港-フフホト便を就航。
  • 2019年3月29日 - 中国東方航空が天津-連雲港-バンコク便を休止。
  • 2019年3月31日 - 河北航空が石家庄ー連雲港-バンコク便(週4便)、石家庄ー福州-連雲港便(週4便)、石家庄ー連雲港-海口便(週3便)を就航。
  • 2019年10月27日 - 中国東方航空が銀川-連雲港-温州便(週4便)、寧波-連雲港-オルドス便(週4便)を就航。北部湾航空が連雲港-三亜便(週4便)、連雲港-南寧便(週4便)を就航。厦門航空が連雲港-福州便(週4便)を就航。河北航空が石家庄ー連雲港-バンコク便を週7便に増便。
  • 2019年11月10日 - 中国東方航空が連雲港-静岡便を週4便で就航。
  • 2019年11月25日 - 海南航空が蘭州-連雲港-大阪/関西便を週2便で就航。

就航路線編集

国内線編集

航空会社就航地
  中国国際航空(CA) 大連貴陽重慶成都
  中国南方航空(CZ) 広州深圳舟山経由)
  厦門航空(MF) 長春長沙哈爾浜厦門福州
  河北航空(NS) 石家庄
  中国東方航空(MU) 北京/首都温州西安南京寧波銀川フフホトオルドス
  上海航空(FM) 上海/虹橋上海/浦東
  海南航空(HU) 太原珠海蘭州
  北部湾航空(GX) 三亜南寧
  成都航空(EU) 瀋陽成都海口
  瑞麗航空(DR) 瀋陽昆明
  東海航空(DZ) 大連深圳
  中国聯合航空(KN) 北京/大興
  烏魯木斉航空(UQ) ウルムチ蘭州経由)
  長安航空(9H) 大連西安

国際線編集

航空会社就航地
  河北航空(NS) バンコク/スワンナプーム
  中国東方航空(MU) 静岡
  海南航空(HU) 大阪/関西
  青島航空(QW) 済州

外部リンク編集