週刊女性』(しゅうかんじょせい)は、主婦と生活社による女性週刊誌日本で最初に創刊された女性週刊誌である。毎週火曜日発売。

週刊女性
愛称・略称 週女
ジャンル 女性週刊誌
読者対象 女性
刊行頻度 週刊
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
定価 370円 - 420円
出版社 主婦と生活社
雑誌名コード 20361
刊行期間 1957年3月6日 - 現在
発行部数 19万3,500[1]部(2020年1月 - 2020年3月日本雑誌協会調べ)
テンプレートを表示

概要編集

主な関係者編集

記載されている漫画作品編集

発行部数編集

  • 2004年(2003年9月 - 2004年8月) 393,950部[2]
  • 2005年(2004年9月 - 2005年8月) 391,092部[2]
  • 2006年(2005年9月 - 2006年8月) 378,329部[2]
  • 2007年(2006年9月 - 2007年8月) 352,831部[2]
  • 2008年(2007年10月 - 2008年9月) 347,714部[2]
発行部数(2008年4月以降)(社団法人日本雑誌協会
1 - 3月 4 - 6月 7 - 9月 10 - 12月
2008年 348,875 部 342,793 部 337,409 部
2009年 326,439 部 315,550 部 300,959 部 303,242 部
2010年 290,000 部 292,925 部 285,842 部 284,400 部
2011年 276,884 部 270,000 部 271,434 部 269,217 部
2012年 266,900 部 268,534 部 265,125 部 260,462 部
2013年 255,025 部 260,275 部 258,300 部 290,777 部
2014年 263,159 部 250,292 部 236,054 部 234,134 部
2015年 228,231 部 229,375 部 225,000 部 218,917 部
2016年 215,000 部 214,250 部 212,750 部 211,167 部
2017年 207,750 部 206,208 部 204,333 部 202,583 部
2018年 199,083 部 195,875 部 195,500 部 196,125 部
2019年 195,208 部 196,227 部 195,542 部 194,308部
2020年 193,500 部

誤報編集

  • 2021年1月5日発売の同年1月1926日合併号で、「男性アイドルグループのメンバーが新型コロナウイルス感染症に罹患したのは、前年12月に女性と会食したことが原因である」などとした記事を掲載したが、その後そうした事実の確認はできませんでしたとして主婦と生活社の公式ホームページ上で謝罪[3]
  • 2021年2月9日発売の同年2月23日号およびウェブサイト「週刊女性PRIME」で2月8日に掲載された「男性音楽グループのメンバーが、自身主演のドラマ撮影のリハーサル中にプロレス技をかけてADを負傷させていた」という趣旨の記事に対して番組制作局から事実無根との指摘を受け、再取材した結果、事実確認が出来なかったとして「当該者、制作局及び関係者にお詫びをして、訂正いたします」との謝罪文を主婦と生活社の公式ホームベージに掲載[4][5]

関連項目編集

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 日本雑誌協会 (2020年5月28日). “印刷部数公表”. 2020年6月6日閲覧。
  2. ^ a b c d e 社団法人日本雑誌協会JMPAマガジンデータによる該当期間中に発売された雑誌1号当たりの平均印刷部数。
  3. ^ お詫びと訂正 主婦と生活社 2021年1月6日配信・1月7日閲覧。
  4. ^ (主演者)が「ADを負傷させた」記事は誤り 週刊女性が謝罪「事実の確認できなかった」 : J-CAST ニュース【全文表示】
  5. ^ お詫びと訂正 主婦と生活社 2021年3月1日配信・3月2日閲覧。

外部リンク編集