メインメニューを開く

週刊読書人(しゅうかんどくしょじん)は、日本の週刊書評新聞。毎週金曜日に発売される。

週刊読書人
種類 週刊紙

本社 東京都新宿区
代表者 代表取締役社長 黒木重昭
創刊 1958年5月5日
言語 日本語
価格 1部 288円
月極 7,000円(半年)
発行数 約3万部
ウェブサイト http://www.dokushojin.co.jp/
株式会社 読書人
本社所在地 日本の旗 日本
〒162-0805
東京都新宿区矢来町109
神楽坂ローズビル4F
事業内容 週刊読書人発行他
設立 1964年4月3日
業種 情報・通信業
資本金 1250万円
テンプレートを表示

概要編集

1948年に「全国出版新聞」として創刊。「読書タイムズ」への改題を経て、1958年日本書籍出版協会の新聞委員会として発足[1]。同年5月を正式創刊と定めている。創刊時の編集部員は大半が日本読書新聞からの移籍者だった。1964年、日本書籍出版協会から独立し、株式会社読書人となる。

書評だけではなく、文芸界のニュース報道や、文化人たちの評論も掲載している。公称発行部数は10万部。[2]

ジャンルは多岐にわたり、純文学大衆小説のみならず、哲学思想芸術などを専門的に扱っている。大学研究者も多く登場し、インテリの読む書評紙として独自の地位を築いている。

芥川賞直木賞の受賞作については受賞者のほか選考委員たちも論評を寄せる。[3]

ライバル紙に「図書新聞」がある。

関係人物編集

出典編集

外部リンク編集