メインメニューを開く

週末ちぐまや家族』(しゅうまつちぐまやかぞく)は、テレビ山口 (tys) で放送されている情報バラエティ番組[1]ハイビジョン番組(放送開始当初からハイビジョン制作)[2]

週末ちぐまや家族
ジャンル 情報バラエティ番組
出演者 沖永優子
佐藤けい
東雷太郎
大東和華子
ほか
制作 テレビ山口
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2005年4月2日 -
放送時間 土曜日 9:25 - 10:23
放送分 58分
公式サイト
テンプレートを表示

なお、当ページでは2017年9月4日スタートの『ちぐスマ!』も扱う。

概要編集

前番組である『ちぐまや本舗』をリニューアルする形で2005年4月2日にスタートした。基本的に生放送で放送される(録画放送の週もあり)。放送時間は番組開始当初は土曜9:25からの53分間だったが、2009年4月から放送時間が5分拡大し、10:23まで放送されるようになった。同日深夜に再放送も行われている。

基本的には、県内外の様々なスポットやお店での体験取材やグルメリポートのVTR、随時挿入される県内各地からの生中継を、トークを交えて観る、という形式で進行する。一般的な生活情報番組のような、いわゆる特定の進行役(司会)による番組進行は見られない。スタジオの出演者は「家族」(姉妹及びいとこ)という設定で進められるが、特段その部分を意識した企画等は行われていない。

スタジオ収録は当初からハイビジョン収録だったが、取材VTRは番組開始当初は基本的に4:3のSD収録だった。2006年10月1日の地上デジタル放送本放送開始以降は、16:9のSDスクイーズ収録が多く利用されるようになり、一部の取材ではハイビジョン収録が行われている。

スタジオセットは“お茶の間”を意識したセットとなっている。右部にキッチンがあり、企画によりそこで料理をすることもある。スタジオセットは『tysスーパー編集局』と同じテレビスタジオに設置されているため、稀にtysスーパー編集局のセットが映ることがある。セットのテレビには普段はtysのマスコットキャラクターであるテレオンの顔が映っている(テレビ全体がテレオンという格好)。中継映像はこのセットのテレビにも映るようになっている。2011年4月に、和室から洋室にリニューアルされた。

視聴者からのFAXメールはチャイムの合図でセット外のスタッフから手渡しされる。本来は番組の合間にセットのFAXに配置され、チャイムの合図で3人のうちの1人が取りに行く体となっていた。かつてはこれに加え、チャイムの合図の後、セットのテレビのテレオンが「メールが来たよ」と言っていたが、テレオンの声の変更に合わせて廃止された。

開始以来数度のマイナーチェンジを繰り返しており、2007年1月6日の放送から、犬のケリー(ミニチュア・シュナウザー、三姉妹のペットという設定)がセット内に登場するようになった。セット中央付近に一応居場所が用意されているものの、番組中セット内を所かまわず歩き回ることが多い。

番組終盤にミニPRコーナー「今週のベツバラ」コーナーが新設された(2006年10月以降)。内容は商品PRのVTRと公開中の映画紹介のVTR。コーナー開始以前は映画紹介のみ行われていた。また、2010年度からは県内の特定地域の“自慢”を取材する「やまぐち自慢ですよ」コーナーも新設されている(ほぼ隔週で放送)。

放送時間編集

現在の放送時間編集

  • 毎週土曜日 9:25 - 10:23 (2009年4月 - )
    • 毎週日曜日 2:08 - 3:06 (前日放送分の再放送、土曜日深夜)

過去の放送時間編集

  • 毎週土曜日 9:25 - 10:18 ( - 2009年3月)
    • 毎週日曜日 1:40 - 2:35 (前日放送分の再放送、土曜日深夜)

出演者編集

現在の出演者編集

スタジオ出演
前述の通り、スタジオ出演者は「家族」という設定になっている。

以下は月1出演の準レギュラー

ナレーター

過去の出演者編集

スタジオ出演
  • 伊藤愛(次女・あい) - 番組開始時からのレギュラー。2012年2月4日放送回より無期限休演していた[3]が、2012年9月29日付けで正式に降板[4]
  • デーモン本広(聖飢魔IIのアマチュアコピーバンド「獣紫魔II」(じゅうしまつ)のヴォーカル) - 毎回デーモン小暮閣下に似たコスチュームで登場していた。準レギュラー的に不定期出演。
  • 早川友希(元tysアナウンサー) - 月1回程度出演したこともある。
ナレーター
  • 小山一英(元tysアナウンサー) - 2008年12月まで担当。
リポート
生中継の際にはtysアナウンサーが出演する。
  • 香川純也 - 2009年9月までは毎週出演していた(スタジオ出演の週もあった)が、『tysスーパー編集局』メインキャスター就任に伴い月1回程度のリポート担当に減少。
  • 関谷名加(tysアナウンサー) - 月1回程度出演。「今週のベツバラ」ナレーションも担当。

番組連動企画編集

ちぐまや弁当
番組と小郡駅弁当(JR新山口駅駅弁業者)との共同企画で作られた弁当。2005年8月13日の放送で完成したことを報告した。また、当日は香川が新山口駅から中継をした。通常は一日20セット限定だが、発売開始当日とあって50セットを改札口横で販売した。595Kcalとヘルシーなのが特徴。弁当は、放送中の10時前には完売するほどの人気を博した。現在も季節毎に、定期的に制作・販売が行われている。JR新山口駅のコンビニで販売。
ちぐまや餃子
2007年4月にパオとの協力より、番組オリジナルの餃子を制作。13日、tys田主丸植木まつり&JA全農やまぐち園芸まつりの会場で試食会が行われた。それ以降tysの参加するイベント内で販売されている。
ちぐまや音頭
2006年に作られた、いわゆる盆踊り向けの番組オリジナル音頭。作詞・作曲はデーモン本広。季節ごとのバージョンがあり、tysの参加するイベント内で披露された。
ちぐまやグルメ
tys開局40周年および『週末ちぐまや家族』放送開始5周年を記念して作られたムック。これまで番組で紹介した飲食店160店を再取材・編集した、いわゆる「グルメガイド」。発売初日の2010年12月18日にはtysに近い明屋書店メガ大内店にて記念イベントが行われた。山口県内の書店では、当時話題となった水嶋ヒロの『KAGEROU』と同じコーナーに並んだり、在庫が無くなったりと人気書さながらの扱われ方をされていた。

週末ちぐまや家族スペシャル編集

偶数月の最終木曜日 18:55 - 19:54 (2009年3月まで)に「週末ちぐまや家族スペシャル」と題された番組の総集編が放送される。2006年度からは総集編の合間に、香川とデーモン本広の対決企画が放送されるようになった。負けた側は罰ゲームを受け、その模様が次回のスペシャルで放送される。これまで釣り対決や似顔絵対決、料理対決、陶芸対決などが行われ、2007年2月時点での勝敗は3対3。しかし、2011年時点ではスペシャル枠はあるものの総集編や楽屋トークなどが中心で、独自に制作する内容は薄くなっている。

ちぐスマ!編集

ちぐスマ!
ジャンル 情報バラエティ番組
出演者 佐藤けい(月曜・木曜)
沖永優子(火曜・金曜)
大東和華子(水曜)
ほか
制作 テレビ山口
放送
放送国・地域   日本
放送期間 2017年9月4日 -
放送時間 平日 15:49 - 16:50
放送分 61分
公式サイト
テンプレートを表示

ちぐスマ!』は、2017年9月4日開始。『週末ちぐまや家族』をベースにした平日帯番組である。『ちぐスマ!』とは"Chigumaya Smile"(ちぐまやスマイル)を意味し、『ちぐまや家族』の女性出演陣が日替わりでメイン司会を務める。

この時間帯はこれまで、『笑っていいとも!』の系列外遅れネットやドラマの再放送、『Nスタ・第0部』の番販ネットに充ててきたこともあり、テレビ山口が平日夕方に自社制作のワイド番組を設置するのは初で、山口県内では最後発[5]。テレビ山口が平日に生放送の情報番組を設置するのは『やまぐち情報ワイド やるっチャ!』以来4か月ぶりとなるが、平日の帯番組となると『ぐちモニ』以来8年5か月ぶりとなる。

なお、有事や災害報道などにより『Nスタ』のネットが必要と判断された場合や公立高校入試解答速報などの特別番組を放送する場合は当番組を休止する。17時台の『水戸黄門』再放送の休止の有無はケース・バイ・ケース。

出演者編集

MC
  • (月・木)佐藤けい
  • (火・金)沖永優子
  • (水)大東和華子
そのほか

放送コーナー編集

  • ちぐイチ! - 街のイチバンを探しに行く
  • ちあきのイチオシ
  • 教えて!ちぐスマ
  • 中継クイズ カチトレ!

不祥事編集

2019年11月9日の放送分において、街頭にて取材した性的少数者に対して「珍 女性のような男性」として取り上げ、そのようなテロップを挿入するなどの不適切な放送をしていたことが明らかとなった[6]。番組取材を受けた本人は朝日新聞の取材に対し「女性として取材を受けたのに、私自身に確認せずにわざわざ男性だとさらされた。職場の同僚や取引先が放送を見たらと考えて一時は絶望的になった」と話した[7]。総務局長の池田泰は「放送前に細心の注意を払うべき内容で、ご指摘を真摯に受け止めている。当初は女性だと思って取材をしたが、放送の可否を本人に確認すべきだったと反省している。字幕についても適切ではなかった」とした。同席していたプロデューサーについても「プロデューサー本人が取材を担当しており、チェックが抜けてしまった可能性がある」とした[7]。また、テレビ山口は11月15日、「番組制作者がLGBTに対する理解と配慮に欠け、取材対象者に対する確認を怠ったことが原因で、会社として深く反省しております」といった謝罪文を発表した[6][8]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ テレビ山口番組審議会から”. 番組審議会. テレビ山口 (2012年3月). 2013年3月8日閲覧。
  2. ^ 2006年5月1日の地上デジタル放送の試験放送開始以後はハイビジョンで放送。
  3. ^ a b おっきーふっきー - tys週末ちぐまや家族公式ブログ2012年2月7日
  4. ^ いつもこのページをご覧いただいているみなさまへ - 伊藤愛のプライベートブログ どんどこど~ん♪2012年9月29日
  5. ^ 最初に設置したのは山口朝日放送の『5時からワイド』。その後は進出撤退を繰り返し、現在は全国ニュース枠となっている。2番目は山口放送で、こちらは現在も『熱血テレビ』として放送中。なお、テレビ山口とは放送時間のバッティングは起こっていない。
  6. ^ a b “テレビ山口が謝罪 性的少数者に不適切な放送「LGBTに対する理解と配慮に欠け」「会社として深く反省」”. スポーツニッポン新聞社. (2019年11月15日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/11/15/kiji/20191115s00041000219000c.html 2019年11月15日閲覧。 
  7. ^ a b “性的少数者を「珍 女性のような男性」 テレビ山口”. 朝日新聞デジタル. (2019年11月15日). https://digital.asahi.com/articles/ASMCG5S30MCGTZNB015.html?pn=7 2019年11月15日閲覧。 
  8. ^ 「週末ちぐまや家族」での放送について tysテレビ山口、2019年11月15日

関連項目編集

外部リンク編集

テレビ山口 土曜9:25 - 10:18枠
前番組 番組名 次番組
ちぐまや本舗
※9:25 - 10:20
週末ちぐまや家族
(2005.4 - )
-
テレビ山口 土曜10:18 - 10:23枠
ペケ×ポン
※10:18 - 10:47
週末ちぐまや家族
(2009.4 - )
-
テレビ山口 月 - 金曜15:49 - 16:50枠
ごごばら!
(バラエティー番組の再放送もしくは番販遅れネット枠)
※13:55 - 15:50
Nスタ・第0部
※15:50 - 16:50
ちぐスマ!
(2017.9 - )
※ここから自社制作
-