株式会社進々堂(しんしんどう、英称Shinshindo,Ltd.)は、日本の製パン会社である。

株式会社進々堂
Shinshindo.,Ltd
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
604-0992
京都府京都市中京区竹屋町通寺町東入藤木町33
設立 1943年昭和18年)[1]
(創業は1913年(大正2年))
業種 食料品
法人番号 7130001021158 ウィキデータを編集
事業内容 パンの製造および販売
レストラン経営
代表者 代表取締役社長 続木創
資本金 1500万円
売上高 23億円
純利益 3583万1000円(2018年09月30日時点)[2]
総資産 17億1059万8000円(2018年09月30日時点)[2]
従業員数 454名
外部リンク http://www.shinshindo.jp/
テンプレートを表示

本社は京都府京都市中京区

全国屈指のパン消費地で知られる京都府[3][4]におけるパン製造販売業の先駆者として知られる[5][6]

概要編集

同社の創業当時は神戸市から良質なパンを取り寄せることが多かった。内村鑑三の弟子であった[3]同社創業者は1924年に日本人初のパン留学生としてフランスに渡り、本格的な国産フランスパンを製造開始する[6]

1943年に株式会社化[1]。1962年に伏見区に進々堂製パン株式会社を設立(のち久世郡久御山町に移転)して、食パンなどの大量製造を手がけたが、2002年山崎製パン子会社のスリーエスフーズに譲渡した[7]

現在では京都市内12ヶ所の直営店を構える[6]

そのほか2011年から業務用冷凍パンを全国販売している[6]

沿革[7]編集

  • 1913年:京都市左京区にて創業。
  • 1914年:店舗火災がきっかけで堀川竹屋町に移転。
  • 1920年:現本社所在地に移転。
  • 1924年:創業者の続木斉、日本人初のパン留学生としてフランスへ渡り、2年間修行を積む。帰国後にフランスパンの製造販売を開始。
  • 1952年:日本初の包装食パン「デイリーブレッド」発売開始。
  • 2001年:株式会社進々堂 稼働.

出典編集

  1. ^ a b 会社情報 - 進々堂ウェブサイト
  2. ^ a b 株式会社進々堂 第73期決算公告
  3. ^ a b 【通崎好みつれづれ】 京都のパン屋さん 産経新聞WEST 2016年11月25日、2017年12月8日閲覧。
  4. ^ “あの「京都人」が、ここまでパンを愛する理由”. 東洋経済オンライン. (2015年4月25日). http://toyokeizai.net/articles/-/67556 2017年12月8日閲覧。 
  5. ^ 京を歩けば、パン屋に当たる 朝日新聞デジタル 2014年10月21日、2017年12月8日閲覧。
  6. ^ a b c d 名シェフがこぞって絶賛する、老舗ベーカリーの業務用冷凍パン~株式会社進々堂(1/5) フーズチャンネル 2015年5月15日、2017年12月8日閲覧。
  7. ^ a b 進々堂の歴史 進々堂公式サイト 2017年12月8日閲覧。

外部リンク編集