進め一億火の玉だ

国民精神総動員の標語、楽曲

進め一億火の玉だ」(すすめいちおくひのたまだ)は、第二次世界大戦中に大政翼賛会が掲げたスローガンの一種、及びそれを題材とした軍歌

「進め一億火の玉だ」の標語

なお「一億」とは当時日本が統治していた台湾朝鮮の人口をあわせた数である。なお本土の人口は7000万人程度である。

軍歌編集

進め一億火の玉だ
ヴォーカルフォア合唱団シングル
A面 進め一億火の玉だ
B面 頑張りどころだ
リリース
ジャンル 軍歌
レーベル キングレコード
テンプレートを表示

作詞は大政翼賛会が作曲は長妻完至が担当している[1]。歌詞やタイトルから戦争末期を思わせるが、日米開戦翌年の1942年に発売されている。

歌詞では国民の憤激、戦闘意欲高揚などを歌っている。

林伊佐緒真理ヨシコキング男声合唱団による戦後の新録音もある。

B面曲の「頑張りどころだ」は、読売新聞制定歌である。

収録曲編集

規格品番は67014

曲名 作詞 作曲 編曲
A 進め一億火の玉だ 大政翼賛会 長妻完至 篠原正雄 ヴォーカルフォア合唱団
B 頑張りどころだ 山添花秋 大村能章 大村能章 林伊佐緒近衛八郎井口小夜子横山郁子

歌詞編集

 
歌詞と楽譜
進め一億火の玉だ
大政翼賛會宣傳部
行くぞ 行こうぞ ぐわんとやるぞ
大和魂 伊達ぢやない
見たか 知つたか 底力
こらへこらへた 一億の
堪忍ぶくろの 緒が切れた
靖國神社の おん前に
拍手うつて ぬかづけば
親子兄弟 夫らが
今だ たのむと 聲がする
おいらの胸にや ぐつときた
さうだ一億 火の玉だ
一人一人が 決死隊
がつちり組んだ この腕で
守る銃後は 鐵壁だ
何が何でも やり拔くぞ
×
進め一億 火の玉だ!
行くぞ一億 どんと 行くぞ!

脚注編集

  1. ^ SP盤発売当時のレーベル表記では「大政翼賛会 作詞作曲」とされていた。

関連項目編集

外部リンク編集