メインメニューを開く

進研模試(しんけんもし)は、ベネッセコーポレーション大学受験対策に行なっている模擬試験であり、同社の登録商標(商標登録番号第3189477号他)である駿台予備学校とともに「駿台・ベネッセ模試」も展開している。申し込みは原則として学校団体受験のみとなっている。

なお、進学研究会(略称:進研)が首都圏で実施している「Vもぎ」と混同されることがあるが、運営団体も含め別のものである。

母集団編集

受験者層は、公立高校でその多くが占められている。進研模試3年6月マークでは2005年度受験者数:約37.0万人。全統マーク模試第2回では2005年度受験者数:約35.6万人[要出典]。既卒者対象の模試は駿台模試と共同開催を行なっているために河合塾の模擬試験と人数を比較した際に規模が大きくなる場合が多い。

偏差値算出方法編集

進研模試では、合計点偏差値方式を採用。河合塾などの予備校模試では、科目偏差値方式を採用している。合計点偏差値方式は、各教科の得点を足した合計点で偏差値をつける算出方法。たとえば、国語数学英語(300点満点)を選択した受験生だけを母集団として算出するため、0 - 300点に得点が広がり、偏差(ちらばり)が大きくなる。入試においては、総合得点で合否が決まることが多いため、合計点を意識した算出方法をとると、より実態にあったデータが出せるといわれている[要出典]。一方、科目偏差値方式は、科目ごとの偏差値を足して割る方法である。散らばりは100点なので、偏った分布になり、上位の弁別が難しくなる。計算方法としては、国語60、数学65、英語70の偏差値だと、3教科総合偏差値は (60+65+70) ÷3=65となる。

関連項目編集

  • 進研ゼミ - ベネッセが主催する通信教育講座。

外部リンク編集