進藤 拓也(しんどう たくや、1992年7月16日 - )は、秋田県大仙市出身のプロ野球選手投手)。右投右打。横浜DeNAベイスターズ所属。

進藤 拓也
横浜DeNAベイスターズ #43
170616 Takuya Shindoh.jpg
横浜スタジアムにて(2017年6月16日)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 秋田県大仙市
生年月日 (1992-07-16) 1992年7月16日(28歳)
身長
体重
186 cm
90 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2016年 ドラフト8位
初出場 2017年3月31日
年俸 660万円(2021年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

プロ入り前編集

秋田・西仙北高時代は無名だったが、3年夏の県大会で40イニング連続無失点の大会タイ記録を樹立するなど快投し[2]、同校最高のベスト4に進出。横浜商科大学へ進学した後、入部してすぐに肩を痛めたこともあり[3]、在学中は3勝に留まったが、150 km/h超えの球速が注目された。プロ志望届は提出せず、2015年にJR東日本に入社。1年目から主力として登板し、都市対抗野球では自己最速の153km/hをマーク[4]。しかしその後は課題である制球難に苦しみ、翌2016年5月にサイドスローに転向[5]。球速こそは最速148km/hと下がったが[6]、変わらぬ威力のあるストレートを武器に、2年目は救援を中心に登板。

2016年10月20日に行われた2016年のプロ野球ドラフト会議で、横浜DeNAベイスターズから8位で指名。その後年俸750万円、契約金2,700万円で契約した(金額は推定)[7]

DeNA時代編集

2017年、春季キャンプから一軍に帯同し、オープン戦では7試合防御率4.32の成績を残し、佐野恵太とともに開幕一軍登録された。3月31日の開幕戦となる対東京ヤクルトスワローズ戦(明治神宮野球場)では7回裏1死満塁という状況で須田幸太の後を受け3番手でプロ初登板を果たしたが、中村悠平に2点適時打西浦直亨に犠牲フライを打たれた。この年は主に敗戦処理として12試合に登板。

2018年は、二軍で33試合に登板するも、一軍での出場は無かった。

2019年は、4月24日に初昇格を果たし、4月30日の対ヤクルト戦にてプロ入り後初の先発投手として起用されたものの[8]、3回6失点と結果を残せなかった[9]。1軍では敗戦処理や中継ぎとしても登板し、4試合投げて1失点と好投した。

2020年は、二軍でチーム最多の10セーブを挙げるが、一軍では5試合のみの登板に留まった。11月2日には、右肘のクリーニング手術を受けた[10]

選手としての特徴編集

ドラフト指名時には、解説者から完成度はとても低いが、めちゃくちゃ速い球を投げると評価された通り、コントロールは荒く速球[11]が中心の投球をする。

ダイナミックなフォームから繰り出す最速152km/hの速球[11]フォークを主な武器とし、カーブスライダーも投げる右サイドハンド[4]

また登板の際は、乱視がひどいためメガネをかけている[12]

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
2017 DeNA 12 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 73 15.0 18 0 10 0 2 10 0 0 7 7 4.20 1.87
2019 5 1 0 0 0 0 0 0 0 ---- 39 7.0 10 2 6 1 2 5 0 0 7 7 9.00 2.29
2020 5 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 24 5.1 5 1 3 0 0 8 0 0 3 3 5.06 1.50
NPB:3年 22 1 0 0 0 0 0 0 0 ---- 136 27.1 33 3 19 1 4 23 0 0 17 17 5.60 1.90
  • 2020年度シーズン終了時

年度別守備成績編集



投手












2017 DeNA 12 1 1 0 0 1.000
2019 5 2 1 0 0 1.000
2020 5 0 1 0 0 1.000
通算 22 3 3 0 0 1.000
  • 2020年度シーズン終了時

記録編集

投手記録
打撃記録

背番号編集

  • 43 (2017年 - )

登場曲編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ DeNA - 契約更改 - プロ野球.日刊スポーツ.2020年12月30日閲覧。
  2. ^ “得点されても「真っ向勝負」 西仙北・進藤投手 秋田”. バーチャル高校野球 (朝日新聞社). (2010年7月24日). オリジナルの2017年8月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170811143155/http://www.asahi.com/koshien/92/akita/news/TKY201007240197.html 2017年5月16日閲覧。 
  3. ^ 第189回 横浜商科大学 進藤 拓也投手(西仙北高出身)”. インタビュー. 高校野球ドットコム (2014年5月22日). 2017年5月16日閲覧。
  4. ^ a b 楊, 順行 (2016年10月10日). “2016 ドラフト候補の群像/その3 進藤拓也[JR東日本]”. Yahoo!ニュース. 2017年5月16日閲覧。
  5. ^ 日比野, 恭三 (2017年4月12日). “打者を“ビビらせる”豪快フォーム。 DeNAドラ8進藤拓也に威圧感あり。”. Number Web. https://number.bunshun.jp/articles/-/827834 2017年5月16日閲覧。 
  6. ^ “DeNA8位進藤、幸運アイテム抱き枕持参で入寮”. 日刊スポーツ. (2017年1月6日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/1761817.html 2017年5月16日閲覧。 
  7. ^ “DeNAドラ8、JR東日本・進藤「ここぞという時に抑えられる選手に」”. デイリースポーツ. (2016年11月7日). https://www.daily.co.jp/baseball/2016/11/07/0009646459.shtml 2017年5月16日閲覧。 
  8. ^ “連敗脱出のDeNA 平成最後の日は進藤が「ショートスターター」でプロ初先発”. サンケイスポーツ. (2019年4月29日). https://www.sanspo.com/baseball/news/20190429/den19042918300009-n1.html 2021年4月6日閲覧。 
  9. ^ a b “「ショートスターター」でプロ初先発のDeNA・進藤は3回6失点で降板”. サンケイスポーツ. (2019年4月30日). https://www.sanspo.com/baseball/news/20190430/den19043016020007-n1.html 2021年4月6日閲覧。 
  10. ^ “DeNA進藤拓也が右肘クリーニング手術、無事終了”. (2020年11月2日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202011020000377.html 2021年4月6日閲覧。 
  11. ^ a b “「ショートスターター」でプロ初先発のDeNA・進藤は3回6失点で降板”. サンケイスポーツ. (2019年4月30日). https://www.sanspo.com/baseball/news/20190430/den19043016020007-n1.html 2019年8月16日閲覧。 
  12. ^ 小貫, 正貴 (2019年4月1日). “【とびだせ!! ハマの一番星】vol.14 進藤拓也投手”. 横浜ウォーカー (KADOKAWA). https://www.walkerplus.com/trend/matome/article/138334/ 2019年8月16日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集