メインメニューを開く

進藤 拓也(しんどう たくや、1992年7月16日 - )は、秋田県大仙市出身のプロ野球選手投手)。右投右打。横浜DeNAベイスターズ所属。

進藤 拓也
横浜DeNAベイスターズ #43
170616 Takuya Shindoh.jpg
横浜スタジアムにて(2017年6月16日)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 秋田県大仙市
生年月日 (1992-07-16) 1992年7月16日(27歳)
身長
体重
186 cm
90 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2016年 ドラフト8位
初出場 2017年3月31日
年俸 700万円(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

経歴編集

プロ入り前編集

秋田・西仙北高時代は無名だったが、3年夏の県大会で40イニング連続無失点の大会タイ記録を樹立するなど快投し[2]、同校最高のベスト4に進出。横浜商大へ進学後は入部してすぐに肩を痛めたこともあり[3]、在学中は3勝に留まったが、150 km/h超えの球速が注目された。プロ志望届は提出せず、2015年にJR東日本に入社。1年目から主力として登板し、都市対抗野球では自己最速の153km/hをマーク[4]。しかしその後は課題である制球難に苦しみ、翌2016年5月にサイドスローに転向[5]。球速こそは最速148km/hと下がったが[6]、変わらぬ威力のあるストレートを武器に、2年目は救援を中心に登板。2016年10月20日に行われた2016年のプロ野球ドラフト会議で、横浜DeNAベイスターズから8位で指名。その後年俸750万円、契約金2,700万円で契約した(金額は推定)[7]

プロ入り後編集

2017年、春期キャンプから一軍に帯同しオープン戦では7試合防御率4.32の成績を残し佐野恵太とともに開幕一軍登録された。3月31日の開幕戦東京ヤクルトスワローズ戦(明治神宮野球場)では7回裏1死満塁という状況で須田幸太の後を受け3番手でプロ初登板したが、中村悠平に2点適時打西浦直亨に犠牲フライを打たれた。

選手としての特徴編集

 
投球フォーム(2017年3月4日 倉敷マスカットスタジアム)

ダイナミックなフォームから繰り出す最速148km/hの速球とフォークを主な武器とし、カーブ、スライダーも投げる右サイドハンド[4]

また登板の際はサングラスをかけている。ややコントロールに難がある。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
2017 DeNA 12 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 73 15.0 18 0 10 0 2 10 0 0 7 7 4.20 1.87
NPB:1年 12 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 73 15.0 18 0 10 0 2 10 0 0 7 7 4.20 1.87
  • 2018年度シーズン終了時

記録編集

投手記録

背番号編集

  • 43 (2017年 - )

登場曲編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集