メインメニューを開く

遊佐 信教(ゆさ のぶのり)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将尾州畠山氏の家臣。河内国守護代

 
遊佐信教
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 天文17年(1548年[1]
死没 不明
別名 通称:新次郎
官位 河内守
幕府 室町幕府 河内守護代
主君 畠山高政秋高
氏族 遊佐氏
父母 父:遊佐長教
兄弟 信教三好長慶継室

生涯編集

畠山政長系の高屋畠山氏重臣・遊佐長教の子として誕生する。天文20年(1551年)5月5日、長教が萱振氏によって暗殺されると、安見宗房丹下盛知に擁立された一族の遊佐太藤が信教に代わって遊佐氏を纏めていくが、守護畠山高政に遠ざけられてしまう天文末年以後の太藤の消息は詳らかではない。

永禄3年(1560年)、三好長慶が河内に侵攻すると抵抗むなしく高屋城を占領され、畠山高政・信教・安見宗房など大半が追放される。永禄6年(1563年)9月18日、信教は河内国金剛寺に「所当官物」以下の免除を認める判物を発給しており、依然、畠山氏の勢力がまだ及んでいる地域もあった。信教は若年だが遊佐氏の当主としての顔をも見せている。

永禄8年(1565年)、室町幕府13代将軍足利義輝三好三人衆らに討たれる永禄の変が発生すると、高政は家督を弟・畠山秋高(政頼)に譲り、義輝の実弟である足利義昭の擁立に奔走する。

なお、永禄12年(1569年)に、信教は安見宗房と図り、主君の畠山高政を追放してその弟・秋高を擁立し、これを傀儡として主家を牛耳ったとの話が『足利季世記』にはあるが、後世の軍記物の記述のため信憑性は無い。

永禄11年(1568年)、織田信長が足利義昭を擁立して上洛すると、畠山兄弟はこれに従い、高屋城と河内南半国を安堵され、信教も高屋城に復帰を果たしたが、義昭と信長が対立すると畠山氏内部にも動揺が走った。当初こそ秋高・信教は義昭派に属していたが、義昭が一時信長に降伏すると、信長の威勢に怯んだのか秋高は信長派に通じたようで、信教と対立する。そのため元亀4年(1573年)6月25日、信教は秋高を殺害する。秋高の内衆である遊佐盛保田知宗平三郎左衛門らは当初は信教と共に高屋城に留まるも、信教への反発もあったのか、天正2年(1574年)頃に信長方に転じている。

義昭が京を追放されるなか、同じく反信長派であった三好康長と手を組み、康長を高屋城に入城させて共に信長に反攻した。しかし、天正3年(1575年)に信長軍の攻撃を受け(高屋城の戦い)、4月21日高屋城は降伏した。降伏した康長は信長の家臣となったが、当時の記録のどれにも信教が高屋城の戦いで戦死したとしているものはない。

『吉川家文書』1―493号によると、足利義昭の鞆動座(1576年)以降に出された本願寺関係者と見られる吉川元春宛頼英書状で、「遊佐」「河内入道」を差し下すと書かれており、これがその後の信教に比定されている。 更に「生駒文書」(愛知県史資料編十二)に、小牧・長久手の戦いの頃と思われる「遊佐河内守」宛の織田信雄徳川家康書状があり、保田知宗・平三郎左衛門ら畠山氏旧臣らと共に反秀吉の動きをしていたものと思われる。

歌道に優れていたともいわれている。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『歓心寺文書』によれば永禄7年(1564年)現在17歳とある。

出典編集

  • 谷口克広『信長家臣人名辞典』吉川弘文館、2010年。
  • 弓倉弘年『中世後期畿内近国守護の研究』清文堂出版、2006年。
  • 小谷利明「織豊期の南近畿の寺社と在地勢力」『南近畿の戦国時代』戎光祥出版、2017年。

関連項目編集