運動詞(うんどうし)は、動詞の一種で物体の運動を表すもの。時制アスペクトで、始め(開始)、途中(継続)、終わり(完了)など運動の区分が表されることが多い。