メインメニューを開く

運送営業(うんそうえいぎょう)とは、商法上の概念では、陸上または湖川港湾において物品または旅客の運送をなすことをいう(商法第569条)。運送営業を業とする者を運送人という。湖川港湾ではない水域の運送(海上運送)は商法上の運送営業ではないので、商法第569条以下の適用を受けず、商法の海商編国際海上物品運送法などの適用を受けることになる。

なお、運送営業は荷送人に対して直接運送契約上の義務を負うものであり、物品運送についての取次業である運送取扱営業とは異なる[1]

目次

物品運送編集

意義編集

物品運送契約とは運送人の保管のもとで物品を運送する運送人と荷送人との契約をいう。

運送人の権利義務編集

相次運送編集

貨物引換証編集

旅客運送編集

意義編集

旅客運送契約とは旅客を運送することを内容とする運送人と旅客との契約をいう。

運送人の権利義務編集

脚注編集

  1. ^ 江頭憲治郎『商取引法 第7版』弘文堂、278頁。