メインメニューを開く

道の駅みたら室蘭

北海道室蘭市にある国道37号の道の駅

道の駅みたら室蘭(みちのえき みたらむろらん)は、北海道室蘭市にある国道37号道の駅である。白鳥大橋記念館を中核施設とし、施設内には、白鳥大橋の建設時のパネルなどを展示している。また記念館を含む一帯がみなとオアシス室蘭としてみなとオアシスに指定されている。

みたら室蘭
道の駅みたら室蘭
登録路線 国道37号
登録回 第14回 (01047)
登録日 1998年4月17日
開駅日 1998年6月13日
営業時間 9:30 - 21:00(4-10月)
9:30 - 17:00(11-3月)
所在地 051-0036
北海道室蘭市
祝津町4丁目16-15
座標
外部リンク
国土交通省案内ページ
全国道の駅連絡会ページ
 
テンプレート プロジェクト道の駅

目次

沿革編集

  • 1998年(平成10年) - 白鳥大橋の開通と同時に開駅。
  • 2012年(平成24年)7月9日 - 一帯がみなとオアシスとして登録される。

管理編集

  • 共栄・室蘭観光協会みたら等指定管理者共同事業体(指定管理者制度により2011年3月31日まで管理)

施設編集

休館日編集

  • 毎週木曜日(11 - 3月)(祝日の場合、翌日)

アクセス編集

周辺編集

関連項目編集

外部リンク編集