メインメニューを開く

道場 (さいたま市)

さいたま市桜区の町名および大字
日本 > 埼玉県 > さいたま市 > 桜区 > 道場 (さいたま市)

道場(どうじょう)は、埼玉県さいたま市桜区町名および大字。現行行政地名は道場一丁目から五丁目および大字道場。郵便番号は338-0835[2]

道場
さいたま市記念総合体育館
さいたま市記念総合体育館
■道場の位置(埼玉県内)
■道場
道場
道場の位置
北緯35度51分24.75秒 東経139度36分55.77秒 / 北緯35.8568750度 東経139.6154917度 / 35.8568750; 139.6154917
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Saitama Prefecture.svg 埼玉県
市町村 Flag of Saitama, Saitama.svg さいたま市
桜区
地域 Urawa Saitama chapter.JPG浦和地区
人口
2017年(平成29年)9月1日現在)[1]
 • 合計 5,203人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
338-0835[2]
市外局番 048[3]
ナンバープレート 大宮
 人口は大字道場のみ対象外。

目次

地理編集

埼玉県さいたま市桜区西部の沖積平野に位置する。西部には桜区役所を含むプラザウエストや記念総合体育館が立地する。東部は新六間道路を中心として住宅街が広がっている。

2008年に二丁目の東日本鉄工埼玉工場跡地に812世帯が暮らす大規模マンション、サクラディアが建設され、人口が増加した。当地区は鉄道駅から遠く、交通の便が悪いが、サクラディアでは解決策として、武蔵浦和駅までの直行バスを運行している。しかし、幹線道路である新六間道路は新大宮バイパスから国道463号羽根倉橋方面へ抜ける車(またその逆も)で慢性的に渋滞が発生している。周辺の学校の通学路となっているが、歩道が狭い個所や整備されていない場所も多く死亡事故も発生している。

現在都市計画道路高木大谷場線と町谷本太線の建設が道場三丁目と町谷四丁目で行われており、数年以内には歩道の整備された道路が完成し、渋滞緩和と安全確保が実現する予定となっている。荒川河川敷周辺に大字地区の残りと、入会地[4]由来の小さな飛地がある。大半が秋ヶ瀬公園の敷地である。

河川編集

地価編集

住宅地の地価は、2015年平成27年)1月1日公示地価によれば、道場二丁目18-33の地点で13万円/m2となっている[5]

歴史編集

もとは江戸期より存在した足立郡与野領に属する道場村で、古くは1591年(天正19年)6月頃より見出せる道場村で上峯郷水判土荘に属していたと云われている[4]建久年間に畠山重忠が土中から掘り出した観音像を安置する道場を建てたことが地名の起源と云われている[4]

世帯数と人口編集

2017年(平成29年)9月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
道場一丁目 338世帯 682人
道場二丁目 1,376世帯 3,509人
道場三丁目 450世帯 1,012人
2,164世帯 5,203人

小・中学校の学区編集

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[8]

大字・丁目 番地 小学校 中学校
道場 全域 さいたま市立栄和小学校 さいたま市立土合中学校
道場一丁目 全域
道場二丁目 全域
道場三丁目 全域
道場四丁目 全域
道場五丁目 全域

交通編集

鉄道は敷設されていない。JR浦和駅まではバスで20分程度。

道路編集

寺社編集

  • 金剛寺[9]
  • 道場天満宮
  • 薬師堂

施設編集

 
平野原送信所(浦和局)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b さいたま市の人口・世帯(時系列結果)”. さいたま市 (2017年9月5日). 2017年9月20日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年9月25日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年5月29日閲覧。
  4. ^ a b c d e 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』582頁
  5. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  6. ^ 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』567頁。
  7. ^ 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』1420頁。
  8. ^ さいたま市立小・中学校通学区域一覧”. さいたま市 (2017年8月23日). 2017年9月20日閲覧。
  9. ^ a b c 『「街の達人」でっか字埼玉便利情報地図2013年2版2刷』昭文社、2013年、48・62。ISBN 978-4-398-60135-3

参考文献編集