道家 忠道(どうけ ただみち、1909年1月2日 - 1984年1月15日 )は、日本ドイツ文学者、東京大学名誉教授。 東京市本郷区湯島生まれ。九州門司で育ち、中学校時代より東京で生活する。1928年東京高等学校卒、31年東京帝国大学独文科卒。33年山形高等学校教授、41年静岡高等学校教授、47年東京高等学校教授、50年東京大学教養学部助教授、52年教授。69年停年退官、名誉教授、71年京都工芸繊維大学講師、73年関西大学教授。1979年、退職。

著書編集

  • 若きヴェルテルの悩み 京華社 1948
  • ファウストとゲーテ 郁文堂 1979.10
  • アンナ・ゼーガースの文学世界 三修社 1982.1(共著)

翻訳編集

参考編集

  • 『道家忠道先生追悼文集』 (道家忠道先生追悼文集刊行委員会編集・発行) 1985.11.15
  • 道家忠道教授略歴および研究業績 (道家忠道教授古稀記念号) 「独逸文学」1979
  • 駒場の50年