道摩法師(どうまほうし)は、平安時代呪術師、非官人陰陽師。生没年不詳。一般的には、蘆屋道満(あしや どうまん)あるいは芦屋道満として知られるが、活躍したとされる時代の文献ではその名が不詳である[1]。また、道摩法師と道満は別人であるという説も存在するなど実像については不明な点が多い。

江戸時代の地誌『播磨鑑』によると播磨国岸村(現兵庫県加古川市西神吉町岸)の出身とある。また播磨国の民間陰陽師集団出身とも伝えられている。

江戸時代までの文献では、ほとんどにおいて安倍晴明のライバルとして登場し、「正義の晴明」に対して「悪の道満」という扱いをされる。安倍晴明が伝説化されるのと軌を一にして、道満の伝説も拡散し、日本各地に「蘆屋塚」「道満塚」「道満井」の類が数多く残っている。

道満伝説編集

成立年代不明編集

金烏玉兎集編集

  • 「晴明朝臣入唐伝」
  • 晴明が幼少の折、道満が上京し晴明と内裏で争い負けた方が弟子になるという呪術勝負を持ちかけたことにより、帝は大柑子(みかん)を15個入れた長持を占術当事者である両名には見せずに持ち出させ「中に何が入っているかを占え」とのお題を与えた。早速、道満は長持の中身を予測し「大柑子が15」と答えたが、晴明は加持の上冷静に「鼠が15匹」と答えた。観客であった大臣・公卿らは安倍晴明が当てられなかったと落胆したが、長持を開けてみると、中からは鼠が15匹出てきて四方八方に走り回った。この後、約束通り道満は晴明の弟子となった、と言われているという。
  • 遣唐使として派遣され伯道上人のもとで修行をしていた晴明の留守中に晴明の妻とねんごろになり不義密通を始めていた道満が、晴明の唐からの帰国後に伯道上人から授かった書を盗み見て身につけた呪術で晴明との命を賭けた対決に勝利して晴明を殺害し、第六感で晴明の死を悟った伯道上人が急遽来日して呪術で晴明を蘇生させ道満を斬首、その後に晴明は書を発展させた。

平安・中世文学編集

『宇治拾遺物語』編集

  • 「御堂関白の御犬晴明等奇特の事」(巻14の10
藤原道長が可愛がっていた犬が、あるとき主人の外出を止めようとした。驚いた道長が晴明に占わせると、晴明は式神の呪いがかけられそうになっていたのを犬が察知したのだと告げ、ほかにこんな呪術を知っているのは道満以外いないと考え、道満は囚われの身となる。その後、道満は生国播磨に流罪となる。『十訓抄』(7の21)、『古事談』(6の64)にも同様の説話が収録されている。

『峯相記』編集

『峯相記』(ほうそうき。ぶしょうき、みねあいき、とも)[2]には、藤原伊周が道満に依頼して、道に呪物を埋める呪詛を藤原道長に対して行い、それを安倍晴明が看破。道満は播磨国に流され、その地で没したとする説話が紹介されている。

浄瑠璃・歌舞伎編集

一般的に、葛の葉伝説に登場する道満も悪人として描かれる。しかし竹田出雲作の浄瑠璃(およびそこから派生した歌舞伎作品)「芦屋道満大内鑑」は例外で、先行作との差別化を図りあえて道満を善人として描いたとされる。

ただし、明治以降は道満がメインとなる第3段の上演が稀になったため、なぜこの作品の題名が「芦屋道満大内鑑」なのか理解しにくくなった。歌舞伎で本作を上演する場合は第4段のみのケースが多く、『葛の葉』と通称されることがある(第4段に道満の出番は僅かにしかない)。

「芦屋道満大内鑑」では、天文博士賀茂保憲が急死したことで安倍晴明の父である安倍保名と芦屋道満による後継者争いが発生する(「芦屋道満大内鑑#あらすじ」参照)。この後継者争いのモデルは『続古事談』に記載のある出来事だが、それによれば、争いの当事者は賀茂光栄暦道を継承)と安倍晴明天文道を継承)となっている。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『京都魔界探訪』(蔵田敏明・著、扶桑社・刊)には「平安時代に道満という名の陰陽師がいて、高階光子という貴族の女性に召し使われていたという記録はある」という記述(015ページ)があるが、高階光子(藤原伊周#翻弄と失意の晩年参照)が首謀者とされた寛弘6年(1009年)の敦成親王(後一条天皇)呪詛事件の政務記録(『政事要略』)では、呪詛を行ったのは僧侶である円能の所業であり、道満の名前はない。
  2. ^ 1348年に播磨国の峯相山(ほうそうざん)鶏足(けいそく)寺を参詣した僧が聞き書きしたとされる播磨国の地誌。

関連項目編集