メインメニューを開く

道灌山(どうかんやま)は、東京都荒川区西日暮里四丁目にある高台である。上野鶯谷田端王子へ連なる台地の一際狭く少し高い場所にある。名称の由来は江戸城を築いた室町時代後期の武将太田道灌出城址という説、鎌倉時代豪族・関道閑(せきどうかん)の屋敷址という説がある[1]

歴史編集

古くは西は富士山、東は筑波山が見える景勝地であった[2]江戸時代には、薬草の採集地として、また、虫の音の名所としても知られていた[1]。『江戸名所図会』には、歌川広重画の「道灌山虫聞之図」という錦絵が載る。JR西日暮里駅前にある被覆されたは、道灌山を一部削って道路を通した名残である[3]

明治時代には、この台地を訪れた正岡子規が「山も無き 武蔵野の原を ながめけり 車立てたる 道灌山の上」と、ここからの眺望を短歌に残している[1]。また、余命が短いことを悟った子規が高浜虚子を誘い出し議論をした挙句、決裂したのはこの高台にある茶店でのことであった[4]

道灌山遺跡編集

開成学園のグラウンドを中心に台地上に広がる縄文時代から江戸時代に至る複合遺跡である。縄文時代および弥生時代の竪穴式住居跡、平安時代の住居跡、江戸時代の溝などが発掘され、縄文式土器弥生式土器が出土している[1]

周辺施設編集

脚注編集

  1. ^ a b c d 3. 道灌山遺跡 - 荒川区管理部
  2. ^ 『むかしまち地名辞典』 森まゆみ
  3. ^ 【今昔まち話】道灌山(東京・荒川)眺望愛され続けた行楽地日本経済新聞』夕刊2018年12月8日(社会面)2019年1月8日閲覧。
  4. ^ 子規居士と余 高浜虚子(青空文庫

関連項目編集