メインメニューを開く
柔道着
空手道着
合気道着
弓道着

道着(どうぎ)とは、武道武術などに用いられる衣服の一種である。別名道衣(どうぎ[1])。

概要編集

主に柔道剣道少林寺拳法空手道弓道合気道居合道抜刀道なぎなたブラジリアン柔術サンボ躰道日本拳法大道塾空道銃剣道短剣道杖道テコンドーなどで用いられる衣服を総称して「道着」と呼ぶことが多い[要出典]。本記事では道着以外に、防具なども紹介する。

道着の素材は吸水性が高く着心地のよい綿か、洗濯しやすいポリエステルテトロンであることが多い。色は生成色アイボリー象牙色鳥の子色とも)・など、武道により色が異なることもある。

晒は白く高価で、生成りは未晒であり安価、未漂白のため丈夫である。洗濯をしていくうちに徐々に白くなってゆく。

武道、武術は古い文化だが『角川国語大辞典』初版(1982年)[2]、書籍『柔道大事典』(1999年)[3]、『三省堂国語辞典』5版(2001年)[4]、『大辞林』第三版(2006年)[5]には「道着」、「道衣」(どうぎ)の項目はない。『三省堂国語辞典』7版(2007年)[1]には「道着」、「道衣」(どうぎ)の項目がある。『大辞林』第四版(2019年)[6]には「道着」の項目がある。

構成編集

上衣編集

読み方は「うわぎ」[7]

柔道着
白・生成色・青[8]
空手道着
白・生成色・黒
合気道着
白・生成色
少林寺拳法 道着
白・生成色
日本拳法
白・生成色
大道塾空道
白・青
躰道
白・生成色
サンボ
青・赤
ブラジリアン柔術
黒、白、青、紺
テコンドー
なぎなた
白・生成色
剣道着
白・生成色・紺
居合道着
白・生成色・黒
抜刀道
白・生成色・紺
銃剣道着
白・生成色・紺
短剣道着
白・生成色・紺
弓道着
白・生成色
杖道
白・生成色・紺

肌襦袢編集

肌襦袢は居合道や剣道、弓道などで使われることがある。襟元が上衣から見えないことが望ましいとされる。昇段や演武用は襟元が白いものが使われる。Tシャツで代用されることもあり襟元を見えなくし、色が透けないようにVネックの白や薄いグレーの無地を使うことがある。

股下編集

下穿き、ズボンや下衣とも言う。

柔道着
白・生成色・青[8]
空手道着
白・生成色・黒
合気道着
白・生成色
少林寺拳法 道着
白・生成色
日本拳法
白・生成色
大道塾空道
白・青
躰道
白・生成色
サンボ
青・赤
ブラジリアン柔術
黒、白、青、紺
テコンドー
なぎなた
白・生成色
居合道着
白・生成色・黒
抜刀道
白・生成色・紺
銃剣道着
白・生成色・紺
短剣道着
白・生成色・紺
弓道着
白・生成色
杖道
白・生成色・紺

編集

は合気道や居合道で用いられる。

合気道着
白・紺・黒
馬乗り袴
居合道着
白・黒
馬乗り袴
なぎなた
黒・紺
馬乗り袴
剣道着
白・生成色・紺
居合道着
白・生成色・黒
抜刀道
白・生成色・紺
銃剣道着
白・紺
短剣道着
白・紺
弓道着
紺・黒
馬乗り袴(男女共に)、行灯袴(女性のみ)
杖道
白・生成色・紺
剣道着
白・紺
居合道着
白・紺
弓道着

股引・ステテコ編集

股引ステテコは袴の汚れや透けるのを防いだり、動きやすくするため。夏は汗を吸い取り、冬は防寒として使う。

手拭・タオル編集

手拭タオルに使う。体形の補正や汗をぬぐうため

防具編集

顎紐
籠手
グローブ
オープンフィンガーグローブ
スポーツ用サポーター
ヘッドギア
プロテクター
防具
包帯
マウスピース
ゆがけ
弓道に用いる。
レガース

武具編集

竹刀
普及型
小判型
柄太型
柄細型
柄短型
胴張り型
実戦型
古刀型
袋竹刀
木刀
模擬刀
打刀
和弓
木銃
薙刀

小物類編集

角帯
足袋
道着や防具、竹刀や薙刀、弓をしまう為の
矢筒
ゼッケン
たすき
下緒
居合道に用いる。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b 『三省堂国語辞典 7版』三省堂、2014年1月10日、1038頁。
  2. ^ 『角川国語大辞典』角川書店、1982年、1462頁。
  3. ^ 嘉納行光川村禎三中村良三醍醐敏郎竹内善徳『柔道大事典』佐藤宣践(監修)、アテネ書房、日本 東京(原著1999年11月)。ISBN 4871522059
  4. ^ 『三省堂国語辞典 5版』三省堂、2001年3月1日、868頁。
  5. ^ 『大辞林 第三版』三省堂、2006年10月27日、1792頁。
  6. ^ 『大辞林 第四版』三省堂、2019年9月5日。
  7. ^ 嘉納行光川村禎三中村良三醍醐敏郎竹内善徳『柔道大事典』佐藤宣践(監修)、アテネ書房、日本 東京(原著1999年11月)。ISBN 4871522059。「上衣」
  8. ^ a b 2019年現在、日本では大学生以外の大会では使用されない