メインメニューを開く

道覚法親王(どうかくほっしんのう、元久元年(1204年) - 建長2年1月11日1250年2月13日))は、鎌倉時代前期から中期にかけての天台宗。父は後鳥羽天皇。母は尾張局。親王宣下後の入道のため、道覚入道親王(どうかくにゅうどうしんのう)とも。

1208年承元2年)親王宣下を受けて朝仁と称した。1216年建保4年)出家して慈円慈賢真性などに天台教学を学んだ。1247年宝治元年)に天台座主となり、翌1248年(宝治2年)青蓮院門跡を引き継いでいる。

関連項目編集