遠くで汽笛を聞きながら

「遠くで汽笛を聞きながら」(とおくできてきをききながら)は、1976年9月20日にリリースされたアリスの9枚目のシングル

遠くで汽笛を聞きながら
アリスシングル
初出アルバム『ALICE V
B面 もう二度と…
リリース
規格 EP盤
ジャンル フォーク
レーベル 東芝EMI
作詞・作曲 谷村新司(作詞)
堀内孝雄(作曲)
チャート最高順位
アリス シングル 年表
帰らざる日々
1976年
遠くで汽笛を聞きながら
1976年
さらば青春の時
1977年
テンプレートを表示

解説

編集

アルバム『ALICE V』からの後発シングルカットのため、オリコンチャートでは51位となり、大きなヒットには恵まれなかったが、谷村新司は度々MCなどで「アリスにとってなくてはならない曲」「ずっと歌い続けていく」と語っているように、アリスとして、谷村、堀内孝雄両名がソロとしても歌い続けている、アリスの代表曲。ライブでの披露も数多く、ベスト・アルバムコンピレーション・アルバムにも収録される頻度の高い楽曲となっている。

ジャケットには、電化前の奥羽本線醍醐駅秋田県横手市)の風景が掲載された[1][2]

シングル・アルバム『ALICE V』収録音源のリード・ギターは矢島賢

1996年の第47回NHK紅白歌合戦では、ソロとして出演した堀内が歌唱。2005年の第56回NHK紅白歌合戦では、アリスによるメドレーの一曲として使われた。

2020年10月28日にMEG-CDで再発された[3]

収録曲

編集

全曲作詞:谷村新司/編曲:篠原信彦

SIDE 1

編集
  1. 遠くで汽笛を聞きながら

SIDE 2

編集
  1. もう二度と…
    • 作曲:谷村新司

セルフカバー

編集
  • 谷村新司 - シングル「幸福-しあわせ-」のB面、アルバム「素描-Dessin-」(共に1986年)に収録。以降に発売されたベスト盤でもしばしば再録音されている。

カバー

編集
  • MOGA THE \5 - NAHTとのスプリット・アルバム『A STRANGE STROKE OF FATE』(2002年)に収録。パンクバンドによるカバー。
  • つんく♂ - アルバム『V3〜青春カバー〜』(2005年)に収録。
  • 大友康平 - アルバム『J-STANDARD 70's』(2008年)に収録。
  • Chage - アルバム『Many Happy Returns』(2009年)に、谷村新司とのデュエットによるカバーを収録。
  • 吉幾三 - 『あの頃の青春を詩う vol.3』(2016年)に収録。

関連項目

編集

脚注

編集
  1. ^ 鮫島敬三 (2023年12月3日). “名曲「遠くで汽笛を聞きながら」 もう会えないジャケット写真の駅舎と谷村新司さん”. 産経新聞. https://www.sankei.com/article/20231203-UZZ7HXLEZBIIVKPLY7M24P2IY4/ 2024年3月31日閲覧。 
  2. ^ 「旅で生まれた転機の一曲 アリス「遠くで汽笛を聞きながら」」朝日新聞 be2012年6月9日
  3. ^ アリス (J-Pop)/遠くで汽笛を聞きながら”. tower.jp. 2022年5月28日閲覧。