メインメニューを開く

遠くへ行きたい」(とおくへいきたい)は、永六輔作詞、中村八大作曲の日本歌謡曲

目次

概要編集

1962年NHK総合テレビの『夢であいましょう』の『今月の歌』(5月)として作られ、ジェリー藤尾が歌い、東芝レコード(東芝音楽工業、現・EMIミュージック・ジャパン)からシングルレコード・JP-5133(モノラル)として6月に発売された。

1970年10月にスタートした旅番組『遠くへ行きたい』(読売テレビ日本テレビ系)のテーマ曲としても使われている。デューク・エイセス永六輔小林旭古谷一行益田宏美オユンナ石川さゆりさだまさし元ちとせ森山良子一青窈などが歌った(詳細は「遠くへ行きたい (テレビ番組)#テーマ曲」を参照)。2010年1月から10月までは番組40周年イヤーとして月変わりで歴代のテーマ曲が順不同で流された(提供クレジット表示時の音楽は当時の最新版だった森山歌唱のもののインストを使用)。2014年4月からは歴代のオープニングテーマ曲を週替わりで使用しているほか、本編中にも流れることがある。

また、『永六輔の誰かとどこかで』(TBSラジオ)のオープニングテーマ曲でもあった(村岡実による尺八インストゥルメンタル)。

2012年に放送されたサントリーフーズなっちゃんのテレビCM内で松田翔太がこの曲の替え歌を口ずさむシーンがある。

週刊少年サンデーに1971年37号から1974年29号にかけて連載された赤塚不二夫とフジオ・プロよる日本の漫画作品「レッツラゴン」の登場人物の「トーフ屋ゲンちゃん」が「遠くへ行きたい」の替え歌として「どこかトーフへ行きたい」と歌っている。

TBS「あなたが聴きたい歌の4時間スペシャル」(2016年10月3日)にて、ジェリー藤尾が出演し、この楽曲を歌唱した。その歌唱前に、総合司会である安住紳一郎と対談した。安住が、ジェリー藤尾に45年以上歌い続けるこの楽曲について、今も歌う難しさを感じるか尋ねると「本当に難しい。この曲は、何回も歌い方変わってるんじゃないかな。あるいは意識して変えてると思う」と曲の奥深さについて語った。さらにジェリーは歌詞について「知らない海を ながめていたい」という箇所を「ながめてみたい」と一時期歌っていたが、ある日この楽曲の作詞を手掛けた永六輔に「『みたい』じゃなくて、『いたい』なんだ」と指摘され、今はその通りに歌っていることを明かした。また、永に何か感想を言われたことがあるか聞かれるとジェリー藤尾は「ありません、褒められたこともない。あの人厳しいから」と永との思い出を振り返った。

収録曲編集

オリジナル盤

  • Side A 遠くへ行きたい
  • Side B インディアン・ツイスト
この楽曲は、ジェリーが出演した映画『若い季節』(1962年東宝古澤憲吾監督)で劇中歌として使用され、のちにコサキンソングに認定されている。その後、「インディアン・ツイスト」がJP-5237のA面曲『ヤング・セブン(若い虹)』(東芝ラジオ「ヤング・セブン」CMソング)に差し替えられ、疑似ステレオ効果が付加されTP-1216として再発売、このフォーマット(但し、ジャケットは1970年代に変更されている)が1980年代まで長年に亙りカタログに残っていた。

番組テーマ曲以外のカバー編集

  • エンリコ・マシアスフランス語版 - 「Ma dernière chance(私の最後のチャンス)」(1963年)としてフランス語でカバー(フランス語詞:Robert Chabrier, Enrico Macias)。
  • 尾崎紀世彦 - アルバム『尾崎紀世彦セカンドアルバム』(1971年)他 に収録。
  • 藤圭子 - カバーアルバム『遠くへ行きたい 演歌の旅』(1972年)に収録。
  • グラシェラ・スサーナ - カバーアルバム『アドロ・サバの女王』(1973年)に収録。
  • 渥美清 - シングル「いつかはきっと」(1974年)他 に収録。
  • 倍賞千恵子 - アルバム『にっぽんの歌 第一抄』(1976年)他 に収録。
  • 石原裕次郎 - カバーアルバム『ヒット歌謡ベスト30 石原裕次郎』(1976年)に収録。
  • ちあきなおみ - カバーアルバム『すたんだーど・なんばー』(1991年)に収録。
  • 由紀さおり安田祥子 - アルバム『歌・うた・唄 Vol.2 〜スタンダード日本3』(1997年)他 に収録。
  • 香西かおり - アルバム『綴織百景VOL.8 のすたるじい』(2001年)に収録。
  • 比嘉栄昇 - アルバム『えいしょうか その二』(2014年)に収録。
  • 高橋真梨子 - カバーアルバム『ClaChic -クラシック-』(2015年)に収録。

外部リンク編集