遠くまで (稲葉浩志の曲)

稲葉浩志 > 遠くまで (稲葉浩志の曲)

遠くまで」(とおくまで)は、日本音楽ユニットB'z稲葉浩志1998年12月16日にリリースした、1作目のシングル

遠くまで
稲葉浩志シングル
B面 CHAIN
Not Too Late
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP
ロック
時間
レーベル Rooms RECORDS
作詞・作曲 稲葉浩志
プロデュース 稲葉浩志
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1999年度年間28位(オリコン)
稲葉浩志 シングル 年表
遠くまで
(1998年)
KI
2003年
ミュージックビデオ
「遠くまで」 - YouTube
テンプレートを表示

概要編集

ソロで初となるシングルで、前年発売のアルバム『マグマ』の流れを汲む作品。同年に行なわれたライブツアー『B'z LIVE-GYM '98 "SURVIVE"』が開始される時期に、ツアー終了後はどうするかという話でソロをやることになり、「そういえばまだソロ・シングルを出していない」ということから本作が制作された[1]

なお本作に収録されたのは3曲だが、同時期に歌詞まで付けた楽曲がこれらを含めて5曲存在していた[1]。残る2曲のうちの1曲が、アルバム『志庵』に収録の「LOVE LETTER」であることが判明した[2]

表題曲をどれにするのか大変迷ったらしく、「アルバムだと全てが並列になっているから、好きな曲を選んでくださいという感じだけど、シングルは表題曲を選ばなくちゃならない。」「B'zの時は責任感が半々だし、松本さんが悩んでいると、『これにしようよ』と後押しする方。ソロだと全部自分で決めなくちゃいけないし、表題曲を決める作業になると優柔不断になっちゃうから、自分はシングルに向いてない。」とまで発言していた[1]。この時の経験は後の「KI」の形式に繋がることになった。

3曲ともオリジナル・アルバムには未収録。ただし、「遠くまで」はコンピレーション・アルバム『BEST HIT BEING』に、「CHAIN」はコンピレーション・アルバム『It's TV SHOW!!』に収録されている。

ジャケット写真は九十九里浜にて撮影された[3]

3曲ともビデオクリップが制作されている。

  • 「遠くまで」は、稲葉本人のコンセプトを反映させており、草木が生い茂る森の中を、稲葉本人がかがみながら縫う様に進む姿から、ニューヨークを歩く様子へと変化し、カメラワークは、稲葉を中心として円を描く動きに変わり、次第に稲葉の周囲にいるニューヨークの人々が、吸血鬼や動物に変化している様に稲葉には見えているという設定で、周りを気にしながら生きているという、詞の内容をイメージさせる映像となっている[4]
  • 「CHAIN」はモノクロ映像であり、建物の門の前や子供達が遊んでいる公園のブランコの前などで、稲葉がコードのついたマイクを持ちながら歌う様子を収録している。「遠くまで」の撮影の合間にハーレムの公園のゲート前で撮影された[4]
  • 「Not Too Late」は、黒いジャケットを着た、直立不動の稲葉が歌う様子と、白いセーターを着て海の波を背景にして佇む様子などを交互に収録している。

収録曲編集

  1. 遠くまで (4:56)
    テレビで披露されたのは、1998年12月25日放送の『ミュージックステーションスペシャル スーパーライブ98』でソロとして初出演した時と、1998年の年末に放送された『NO.スペシャル』の2番組のみである。
    ソロツアーではすべて演奏されているが、『Koshi Inaba LIVE 2014 〜en-ball〜』では、日替わりにする予定だったことが「Saturday」のPVで分かる。
    ライブでは最後にロングシャウトすることが多い。
  2. CHAIN (3:37)
    このCDでのキーはト長調だが、『Koshi Inaba LIVE 2004 〜en〜』では1音下げてヘ長調で演奏された。『Koshi Inaba LIVE 2014 〜en-ball〜』以降はCDどおりの原曲キーで演奏されている。
    Koshi Inaba LIVE 2016 〜enIII〜』では、日替わりラストナンバーとして演奏された。
  3. Not Too Late (4:26)
    「遠くまで」同様にストリングスを使用した曲で、元々はこちらが表題曲のつもりで制作されたらしいが、結局3曲目という位置に落ち着いた。
    このシングルで唯一、ライブ未演奏曲である。

参加ミュージシャン編集

タイアップ編集

収録アルバム編集

  • コンピレーションアルバム『It's TV SHOW!!』(#2)
  • コンピレーションアルバム『BEST HIT BEING』(#1)

脚注編集

  1. ^ a b c 『music freak magazine & Es Flash Back B'z XXV Memories I』エムアールエム、2013年、104頁。
  2. ^ 『music freak magazine & Es Flash Back B'z XXV Memories I』エムアールエム、2013年、167頁。
  3. ^ 『music freak magazine & Es Flash Back B'z XXV Memories I』エムアールエム、2013年、236頁。
  4. ^ a b 『music freak magazine & Es Flash Back B'z XXV Memories I』エムアールエム、2013年、187頁。

関連項目編集