遠山 友明(とおやま ともあきら)は、江戸時代中期の大名美濃国苗木藩8代藩主。通称は丹下、越之進。官位従五位下丹後守、のち佐渡守

 
遠山友明
Toyama Tomoakira.jpg
遠山友明
時代 江戸時代中期
生誕 享保2年1月11日1717年2月21日
死没 宝暦3年6月1日1753年7月1日
改名 友張(初名)→友明
別名 通称:丹下、越之進
墓所 岐阜県中津川市苗木の雲林寺
官位 従五位下丹後守佐渡守
幕府 江戸幕府
主君 徳川吉宗家重
美濃苗木藩
氏族 水戸徳川家庶流府中松平家苗木遠山氏
父母 父:松平頼明、母:林氏
養父:遠山友央
兄弟 松平頼永松平武元友明松平頼幸亀井茲胤織田信右正室、松平信友正室
正室:遠山友央長女
友随相良福将
養子:友清
テンプレートを表示

略歴編集

常陸国府中藩3代藩主・松平頼明の三男として誕生。母は林氏。初名は友張。

享保18年(1733年)3月11日、8代藩主・遠山友央の養嗣子となり、その長女と結婚する。同年5月1日、8代将軍・徳川吉宗御目見する。同年12月18日、従五位下・丹後守に叙任する。元文5年(1740年)8月27日、友央が隠居したため家督を継ぐ。呉服橋や日比谷常盤橋などの門番役を務めた。

宝暦3年(1753年)6月1日、江戸で死去し、跡を友央の長男で養嗣子の友清が継いだ。享年37。墓所は岐阜県中津川市苗木の雲林寺

系譜編集

参考文献編集