メインメニューを開く

遠山 清(とおやま きよし、1903年明治36年〉11月15日 - 1963年昭和38年〉6月10日)は、日本教育者画家

遠山 清
原語名 遠山 清
(とおやま きよし)
生誕 1903年11月15日
日本の旗 愛知県名古屋市
死没 (1963-06-10) 1963年6月10日(59歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京美術学校
図画師範科卒業
著名な実績 洋画
代表作 『婦人像』(1941年
受賞 光風賞1928年
岡田賞(1941年)
民族 大和民族
活動期間 1925年 - 1963年
この人物に影響を
与えた芸術家
岡田三郎助

サンサシオン同人広井尋常小学校教員名古屋市立第一高等女学校教員、光風会会員愛知県立愛知工業高等学校教員、社団法人光風美術会会員、社団法人日展会員、社団法人日展審査員などを歴任した。

概要編集

愛知県名古屋市出身の洋画家である[1]広井尋常小学校名古屋市立第一高等女学校愛知県立愛知工業高等学校に教員として勤務する傍ら[2]光風会展帝展日展に出品を続け[1]光風賞岡田賞を受賞している[3]光風会や日展の会員となり[1]、のちに日展の審査員も務めた[1]

来歴編集

生い立ち編集

1903年明治36年)11月15日大日本帝国愛知県名古屋市にて生まれた[1]。旧制中学校を卒業すると[1]、上京した[1]1923年東京府東京市に所在する東京美術学校に入学し[2][註釈 1]、図画師範科にて絵画を学んだ[1][2]。在学中は岡田三郎助らから指導を受けた[2]1926年大正15年)に東京美術学校を卒業した[1][2]

画家として編集

 
遠山清筆『食後』1940年

東京美術学校卒業後は愛知県名古屋市に帰郷し[2]広井尋常小学校で教鞭を執った[2][註釈 2]1928年昭和3年)には、名古屋市立第一高等女学校に転じ[2][註釈 3]、そちらで教鞭を執った[2]1945年(昭和20年)からは、愛知県立愛知工業高等学校にて教鞭を執った[2][註釈 4]1956年(昭和31年)、教職を辞した[2]

また、洋画家としても活動しており、東京美術学校に在学していた頃から、鬼頭鍋三郎松下春雄中野安治郎らが結成した「サンサシオン」に関心を持っており、サンサシオン展に出品を重ねていた[2]。1926年(大正15年)にはサンサシオンの同人として名を連ねた[2]。1928年(昭和3年)に初めて帝展で入選を果たした[1][2][註釈 5]。同年には光風会展にて光風賞を受賞している[1][2][3]。その後も帝展や光風会展に作品を出品していた[1]1934年(昭和9年)、光風会展を主催する「光風会」の会員となった[1][2][註釈 6]。なお、のちに光風会は社団法人としての認可を得て「光風美術会」となったが[註釈 7]、引き続き会員として在籍した。太平洋戦争終結後は、1958年(昭和33年)から1959年(昭和34年)にかけてフランススペインイタリアオランダなどで遊学し[2]、絵画を学んだ。なお、戦後は日展にも作品を出品するようになった[1][註釈 8]。日展を主催する同名の社団法人である「日展」の出品委嘱を経て[1][註釈 9]1960年(昭和35年)に日展の会員となり[1][2]1963年(昭和38年)には審査員となった[1][2]

しかし、脳卒中を発症し[1]、1963年(昭和38年)6月10日に死去した[1]

作品編集

 
遠山清筆『マルセーユ』1963年

東京美術学校在学中からサンサシオン展に出品を重ねており[2]1925年(大正14年)には初めて光風会展で入選を果たすなど[2]、早くからその才能を開花させていた。1928年(昭和3年)には、帝展に『青島風景』を出品し[1]、初めて帝展で入選を果たした[1]。同年には光風会展にて光風賞を受賞している[1][2][3]。1929年(昭和4年)には、光風会・サンサシオン合同展にも出品している[2]。1941年(昭和16年)に『婦人像』を出品したところ[1]、帝展、二科展独立展新制作展一水会展、春台美術展、光風会展の出品作の中から選出される岡田賞を受賞している[1][2][3]

また、1942年(昭和17年)、および、1962年(昭和37年)には個展が開かれており[2]、没後も1964年(昭和39年)に愛知県美術館にて遺作展が開かれている[2]。また、21世紀に入ってからも、生誕100年となる2005年平成17年)に個展が開かれている[2]

略歴編集

 
遠山清筆『マジョリカ壷のバラ』1960年頃。

賞歴編集

著作編集

画集編集

  • 遠山清著、名古屋画廊編『遠山清作品集』名古屋画廊、2005年NCID BB22721765

共著編集

師匠編集

脚注編集

註釈編集

[ヘルプ]
  1. ^ 東京美術学校は、のちに東京芸術大学の源流の一つとなった。
  2. ^ 広井尋常小学校は、のちに名古屋市立笹島小学校の源流の一つとなった。
  3. ^ 名古屋市立第一高等女学校は、のちに名古屋市立菊里高等学校の源流の一つとなった。
  4. ^ 愛知県立愛知工業高等学校は、のちに愛知県立愛知総合工科高等学校の源流の一つとなった。
  5. ^ 帝展は、のちに改組新日展の源流の一つとなった。
  6. ^ 光風会は、のちに一般社団法人光風会の源流の一つとなった。
  7. ^ 社団法人光風美術会は、のちに一般社団法人光風会の源流の一つとなった。
  8. ^ 日展は、のちに改組新日展の源流の一つとなった。
  9. ^ 社団法人日展は、のちに公益社団法人日展の源流の一つとなった。

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae 東京国立文化財研究所美術部編『日本美術年鑑』昭和39年版、東京国立文化財研究所、1965年、134頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag 刈谷市美術館編『刈谷市美術館収蔵作品目録』刈谷市美術館、2013年
  3. ^ a b c d e f 「100回展全受賞者一覧(絵画)」『100回展全受賞者一覧(絵画) | 一般社団法人 光風会光風会

関連項目編集