メインメニューを開く

遠山 直廉(とおやま なおかど)は、戦国時代武将美濃国東部恵那郡国衆で、苗木城主。

 
遠山直廉
時代 戦国時代
生誕 生年不詳
死没 元亀3年5月18日1572年6月28日[1]
別名 正廉、通称:勘太郎
官位 左近助、左近佐
主君 土岐氏(斎藤氏)→武田信玄織田信長
氏族 岩村遠山氏苗木遠山氏
父母 父:遠山景前(または景友)、養父:景徳
兄弟 景任武景[2]直廉
苗木勘太郎室織田信秀の娘)
龍勝院織田信長養女、武田勝頼室)
養子:友勝[4]

目次

経歴編集

遠山氏はもともとは遠山荘地頭として東美濃に入り、室町時代には守護土岐氏の傘下にあったが、応仁の乱の際に信濃国小笠原氏木曾氏の侵攻を受けて美濃守護の勢力が衰退したので、国衆が台頭し、諸城を築いて郡外勢力を拒むようになった。

直廉は、美濃国岩村城主の遠山景前[5](または景友)の子(次男または三男)で、兄の景任(または兄の景前)が岩村城主となったので、天文21年(1552年)、断絶した苗木氏(遠山七頭の一つ)遠山景徳の養子となり[6]、手賀野(現在の岐阜県中津川市手賀野)に館を築いて入り、後に高森山砦を拡張し苗木城主となった。

斎藤道三下剋上により、一時的に斎藤氏に従属するが、天文23年(1554年)、信濃国を領国化(信濃侵攻)していた甲斐武田氏が南信濃と美濃の国境である伊那郡を制圧すると、弘治元年(1555年)、東美濃にも侵攻して遠山領を占領したため[6]、遠山氏は遠江国衆の天野景泰を通じて[要出典]武田方に帰属した。弘治2年(1557年)7月に景前が病没して後継者争いが起こると、武田晴信に出兵を求めて裁定を依頼し、景任が当主となった[7][6]。以後、遠山氏は武田方に人質を出した[6]

一方で、遠山氏は、斎藤氏を圧迫して美濃に勢力を伸ばす織田氏とも通じた。

直廉も通称を勘太郎とするが、永禄3年(1560年桶狭間の戦いに苗木勘太郎の名乗りで織田方として参戦している人物は、直廉に比される。ただし、後述のようにこれを別人とする異説もある[8]。苗木勘太郎は尾張国を統一した織田信長を娶った[7]

遠山氏は武田・織田両氏に属する両属状態で、遠山氏は大圓寺安国寺政秀寺の外交僧を通じて、武田・織田間の外交を仲介した[9]

武田氏と織田氏は永禄年間に友好的関係(甲尾同盟)を持ち、『甲陽軍鑑』によれば、永禄8年頃、信長は苗木勘太郎の一人娘(龍勝院)を養女とし、信玄庶子の諏訪勝頼(武田勝頼)の室として嫁がせている[8]。通説ではこれは直廉の子とされる[10]

永禄12年(1569年)、直廉は信玄に従って駿河侵攻に参加した[6]元亀3年(1572年[11]、これも信玄の命で[6]、遠山景任と共に飛騨国益田郡に侵攻し、(信長が密かに助勢する)三木氏と戦った際に、大威徳寺を焼いた。その際に受けた矢傷により苗木城へ戻った後に没した[12]

直廉には男子がなく苗木遠山氏は再び断絶したので、信長は苗木城主を飯羽間遠山氏遠山友勝[4]に継がせた[1]

直廉の別名編集

直廉は、武田信玄の書状に遠山左衛門尉・同左近助の連署で度々登場する人物の後者、「左近助」という人物であるとされる。直廉の生前にその名を記す唯一の一次史料としては、永禄12年(1569年)6月付の「広恵寺制札」[13]が存在する。

『高森根元記』にある、天文年間に苗木城を築き、永禄12年(1569年)に死去した[14]という遠山正廉を、直廉と同一人物とする説もある。また、前述のように苗木勘太郎と直廉を同一人物とする説もある[15]が、谷口克広はこの説をとる[16]。苗木勘太郎は、苗木城主の通称であり、指し示す人物は歴代苗木遠山家の当主が候補となっているので、他に遠山友勝遠山友忠を、苗木勘太郎とする説がある。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 加藤護一 1926, p.152
  2. ^ 直廉の兄で、先に苗木氏の養子となったが、子を残さずに早世したという。
  3. ^ 堀田正敦 国立国会図書館デジタルコレクション 『寛政重脩諸家譜. 第5輯』 國民圖書、1923年、95頁http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1082718/56 国立国会図書館デジタルコレクション 
  4. ^ a b 遠山友勝は、親族というが、直廉の弟とする説もある。また『寛政重修諸家譜』では友勝を左近某の子としている[3]
  5. ^ 景前を直廉の兄とする説もある。景前と景任の史料における混同があるため。
  6. ^ a b c d e f 平山 2015, p.12
  7. ^ a b 平山 2015, p.9
  8. ^ a b 苗木勘太郎は、友勝あるいはその子の友忠とする説もあり、龍勝院の父をそちらにする説もある。
  9. ^ 元亀3年冬の武田氏による織田領への侵攻(西上作戦)は、信玄が指名した景任の病死を機にその後継者を信長の子織田勝長としようとしたことから起こった、遠山氏の後継問題に端を発している。
  10. ^ 西ヶ谷恭弘 『考証織田信長事典』 東京堂出版、2000年、249頁。ISBN 4490105509 
  11. ^ 威徳寺合戦弘治年間とも。
  12. ^ 加藤護一 1926, p.154
  13. ^ 中津川市苗木遠山史料館所蔵
  14. ^ 『高野山過去帳』
  15. ^ 『遠山家系図』
  16. ^ 谷口克広; 高木昭作(監修) 『織田信長家臣人名辞典』 吉川弘文館、1995年、268頁。ISBN 4642027432 

参考文献編集

関連項目編集