遠山 美都男(とおやま みつお、1957年昭和32年) - )は、日本歴史学者。日本古代史専攻[1]。博士(史学)[1]

遠山 美都男
(とおやま みつお)
人物情報
生誕 1957年昭和32年)
日本の旗 日本東京都
居住 日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
出身校 学習院大学文学部史学科
学問
時代 昭和時代後期 -
活動地域 日本の旗 日本
研究分野 日本史(主に古代
テンプレートを表示


経歴編集

1957年(昭和32年)東京都生まれ[2]1981年(昭和56年)学習院大学文学部史学科卒業[2]1986年(昭和61年)学習院大学大学院人文科学研究科史学専攻博士後期課程中退[2]。現在[いつ?]、学習院大学、日本大学立教大学、各非常勤講師[2]

人物像編集

継体天皇以前の日本書紀の記述に史実性を認める見解に対し否定的な主張を展開、日本書紀は大和朝廷の正統性を主張するためのある種の物語であって歴史書ではなく、随所に中国の歴史書からの模倣がみられるとしている(『天皇誕生』中公新書)また邪馬台国卑弥呼に関して、「卑弥呼」は「ヒミコ」あるいは「ヒメコ」という官職名であり、それを中国側がよく認識しないで記載したに過ぎず、「卑弥呼」の本名は不明であるとしている(『卑弥呼の正体』洋泉社新書

著書編集

単著編集

共著編集

編著編集

テレビ出演編集

注・出典編集

[脚注の使い方]