遠東航空128便ハイジャック事件

遠東航空128便ハイジャック事件(遠東航空128號班機)とは、中華民国台湾)で発生したハイジャック事件である。ハイジャック犯が中華人民共和国への飛行を要求したため、中国大陸に向かった。

遠東航空128便
Far Eastern Air Transport Boeing 757 Spijkers.jpg
同型機のボーイング757
ハイジャックの概要
日付 1997年3月10日
概要 ハイジャック
現場 中華人民共和国の旗 厦門高崎国際空港
乗客数 150
乗員数 8
負傷者数 0
死者数 0
生存者数 158 (全員)
機種 ボーイング757-2Q8
運用者 中華民国の旗 遠東航空
機体記号 B-27001
出発地 中華民国の旗 高雄国際空港
目的地 中華民国の旗 台北松山空港
テンプレートを表示

事件の概略編集

1997年3月10日遠東航空128便はボーイング757-200型ジェット旅客機機体記号:B-27001)で運航されており、フライトプランでは高雄国際空港から台北松山空港に向かう台湾島縦断便であった。

しかし午後2時に旅客の男性が全身にガソリンを浴びて、旅客機を中国大陸に向かうように脅迫した。午後3時36分に廈門市廈門高崎国際空港に着陸した。機内には乗客150人と乗員8人がいたが、中華人民共和国当局はハイジャック犯以外の即時帰還を認め、台北には午後8時に到着した。

外部リンク編集