遠津山岬多良斯神

遠津山岬多良斯神(とおつやまさきたらしのかみ)は日本神話に登場する

遠津山岬多良斯神

十七世神 第十五代
先代 天日腹大科度美神

神祇 国津神
全名 遠津山岬多良斯神
別名 遠津山岬帯神
神格 農業神
天日腹大科度美神
遠津待根神
配偶者 記載なし
神社 鳴海杻神社
テンプレートを表示

概要編集

古事記』にのみ登場する神で、十七世神(とおまりななよのかみ)の最後の神。初代八島士奴美神の14世孫にあたる。名称は他に遠津山岬帯神とも表記される。

「遠津」は「遠方の」、「山岬」は「山の崎」、「多良斯」は「足らし」で、名義は「遠方の山の崎が満ち足りていること」と考えられる。まず「遠津」は母方の遠津待根神から承けたもので、「山岬」は山の先端を指し、そこは台地であり、山からの水が台地を潤すため穀倉地帯を形成する。「多良斯」は充足を意味し、これによって上記のような名義と解される[1]

系譜編集

 
大国主の系図(『古事記』による)。青は男神、赤は女神、黄は性別不詳

大国主神の8世孫にあたる天日腹大科度美神が、大山津見神の子天狭霧神の娘遠津待根神を娶って生んだ神。十七世神の最後であり、古事記にこれ以降の系譜の記述はない。

祀る神社編集

参考文献編集

  1. ^ 新潮日本古典集成 古事記

関連項目編集