メインメニューを開く

遠藤 保雄(えんどう やすお、1947年 - )は仙台大学教授、農学博士。元農水官僚。

目次

経歴編集

1947年、宮城県仙台市生まれ。1969年3月、東北大学経済学部を卒業し、同年4月農林省へ入省。1974年、イリノイ大学へ留学し、農業経済学修士を取得。その後、砂糖行政、貿易関税行政等に参画後、1986年、在米日本大使館の農務参事官として1989年まで担当。その後、牛乳乳製品課長、1996年、国際部長として世界食料サミット宣言の起草に参画、統計情報部長などを歴任。

1998年7月、環境庁へ出向し、水質保全局長に就任。2001年1年まで担当後農水省を退官。2002年、国連食糧農業機関(FAO)の戦略企画部長へ就任し、その後日本事務所長を歴任。

2003年東京農工大学農学博士。論文の題は「戦後国際農業交渉の史的考察 : 関税交渉から農政改革交渉への展開と社会経済的意義(A historical perspective of the international agricultural negotiations in the post war era : The historical development of a series of negotiations from tariff reductions to agricultural policy reform and its socioeconomic significance)」[1]

2009年10月25日に実施された第19回宮城県知事選挙に民主党社民党共産党の推薦を受けて立候補したが、現職の村井嘉浩知事に3倍以上の得票差を付けられて、落選。

知事選挙後、東京農業大学の客員教授[2]を担当後、2011年、仙台大学教授・東京事務所長を担当し、現在に至る。2017年4月、瑞宝中綬章を受章。

番組出演編集

脚注編集

外部リンク編集