遠藤 慶利(えんどう よしとし)は、美濃八幡藩の第2代藩主。三上藩遠藤家2代。

 
遠藤慶利
Enndō Yoshitoshi.jpg
遠藤慶利像(乗性寺蔵)
時代 江戸時代前期
生誕 慶長14年4月8日1609年5月11日
死没 正保3年6月28日1646年8月9日
官位 従五位下伊勢守、但馬
幕府 江戸幕府
主君 徳川家光
美濃八幡藩
氏族 宇多源氏三木姉小路氏森氏遠藤氏
父母 父:森直綱、母:遠藤慶隆の娘・清洲
養父:遠藤慶隆
正室:板倉重宗の娘
常友(長男)、常昭(次男)、常紀(三男)、娘(小笠原貞信継室)
テンプレートを表示

生涯編集

飛騨戦国大名姉小路氏の一門で徳川義直に仕えていた森直綱の次男。母は遠藤慶隆の娘・清洲。

外祖父の遠藤慶隆には嫡子遠藤慶勝がいたが、大坂冬の陣の際に発病し、翌年に京都で病死した。慶隆には他に男子がなかったため、慶利が養嗣子とされた。寛永9年(1632年)6月28日、慶隆の死去により家督を継ぐ。寛永11年(1634年)、将軍・徳川家光の3度目の上洛供奉する。寛永13年(1636年)、朝鮮通信使御馳走役を命ぜられる。正保3年(1646年)6月28日、38歳で死去し、跡を長男の常友が継いだ。