遠藤泰子

日本のアナウンサー、声優、ナレーター、司会者

遠藤 泰子(えんどう やすこ、1943年[1]11月19日[2] - )は、日本フリーアナウンサー(元TBSアナウンサー)、声優ナレーター司会者である。

えんどう やすこ
遠藤 泰子
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 神奈川県横浜市
生年月日 (1943-11-19) 1943年11月19日(77歳)
血液型 B型
最終学歴 立教大学
職歴 TBSフリーランス
活動期間 1966年 -
出演番組・活動
出演中 森本毅郎・スタンバイ!
出演経歴 後述

略歴・人物編集

神奈川県横浜市出身[1]で、立教大学文学部[2]日本文学科を卒業後、1966年にアナウンサー11期生としてTBSへ入社[1]した。岩崎直子川戸惠子堀川友子藤田恒美[3][4]らが同期、大沢悠里が2期上、久米宏が1期下である。1967年11月にアナウンサー研修室付兼ラジオ局第一制作部[5][6]1969年3月にアナウンサー研修室付兼ラジオ局放送部[5]1969年4月にラジオ局放送部兼第一制作部アナウンサー研修室付[5]1970年7月にラジオ本部アナウンス室[5][7]、それぞれに在籍した。第16回民放CMコンクール・ラジオ第一種(20秒以内)「雪印乳業」で金賞を受賞[5]した。

1972年4月にTBSを退社[8][5]し、以後はおもにTBSラジオに出演するほかに講演、研修、ナレーション、朗読などをこなす。

「アナウンサーとはメインを張りたいものではないのだろうか」と問われ「永六輔さんにお会いしたとき、放送を通じて発せられる言葉はこういう人が紡ぐべきことなんだ、自分が何かを表現したいなんて思い違いだったと、痛感」して「聞く立場を自分の仕事と定めた」[1]と述べた。

1988年10月1日にJ-WAVEの開局第一声を担当した[9]

出演番組編集

現在編集

過去編集

出版編集

著書編集

  • どんどんばんばん : ヤスコの被害妄想(1975年、文陽社)
  • あったかいことばで話したい―素敵な人と素敵な出会い(1989年、大和書房)
  • プロアナウンサーの「聞く力」をつける55の方法(2002年、PHP研究所)

編著編集

  • 『七円の唄 誰かとどこかで』永六輔,遠藤泰子,崎南海子、朝日出版社、1997年7月。全国書誌番号:98017434ISBN 4-255-97022-X
  • 『七円の唄 誰かとどこかで 2』永六輔, 遠藤泰子, 崎南海子、朝日出版社、1998年6月。全国書誌番号:99009523ISBN 4-255-98011-X
  • 『七円の唄 誰かとどこかで 3』永六輔, 遠藤泰子, 崎南海子、朝日出版社、1999年4月。全国書誌番号:99092327ISBN 4-255-99016-6

雑誌連載編集

  • 東京新聞(2001年4月 - 2003年3月)「言いたい放談」

脚注編集

  1. ^ a b c d TBSラジオの名物「76歳の最年長女子アナ」はただのいい人じゃない(2/6)”. PRESIDENT Online (2020年7月6日). 2021年2月14日閲覧。
  2. ^ a b 遠藤泰子”. TBSラジオ. 2021年2月14日閲覧。
  3. ^ 「III 放送関係 7.アナウンサーの活動記録」『TBS50年史 資料編』東京放送、東京放送、2002年1月、238頁。「1966.4<11期生>  5人入社(女5) 岩崎直子 遠藤泰子 川戸(堀川)恵子 堀川友子 藤田恒美」
  4. ^ 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF)東京放送、東京放送、2002年1月、20頁。「66.4 <11期生>5人入社 応募538名 岩崎 直子 遠藤 泰子 堀川 恵子 堀川 友子 藤田 恒美」
  5. ^ a b c d e f g h i j k l 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF)東京放送、東京放送、2002年1月、20頁。「遠藤 泰子…[67.11 アナウンサー研修室付兼R局第一制作部][69.3 アナウンサー研修室付兼R局放送部][69.4 R局放送部兼第一制作部兼アナウンサー研修室付][70.7 R本部アナウンス室][72.4 退社] R「ダイヤモンドハイウェイ(66)」「今日は日曜日(68)」「パック・イン・ミュージック(69)」「永六輔の誰かとどこかで(69)」「土曜ワイド ラジオTokyo(70)」「おはよう片山竜二です(71)」「こんにちは、永六輔です(72)」 ★第16回民放CMコンクール、ラジオ第一種(20秒以内)「雪印乳業」で金賞受賞。」
  6. ^ 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF)東京放送、東京放送、2002年1月、22頁。「1967年11月15日 『アナウンサー研修室』設置 <アナウンサー研修室付兼ラジオ局第一制作部勤務者>今村 稔、小川哲哉、車尾具昭、五味陸仁、桐本幸子、手塚俊子、本田綾子、岩崎直子、遠藤泰子、藤田恒美、堀川恵子、堀川友子、青木靖雄、石森勝之、小口勝彦、久米 宏、林 美雄、宮内鎮雄、米沢光規、河野通太郎」
  7. ^ 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF)東京放送、東京放送、2002年1月、24頁。「1970年7月25日 「アナウンサー研修室」から『ラジオ本部アナウンス室』となる。」
  8. ^ a b c 「III 放送関係 7.アナウンサーの活動記録」『TBS50年史 資料編』東京放送、東京放送、2002年1月、238頁。「遠藤泰子[1972.4退社] R「永六輔の誰かとどこかで(1969)」「土曜ワイドラジオTokyo(1970)」」
  9. ^ 六本木流行通信 J-WAVEニュースルームblog「きょうは民放ラジオの日」 2009年3月3日(2017年3月19日閲覧)より。

参考文献編集

  • TBS50年史(2002年1月、東京放送編・発行)…国立国会図書館の所蔵情報
    • 資料編
    • 付属資料DVD-ROM『ハイブリッド検索編』
      • 『TBSアナウンサーの動き』(ラジオ東京→TBSの歴代アナウンサーの記録を、同社の歴史とともにまとめた文書。PDFファイル。全34ページ)

外部リンク編集