メインメニューを開く

遠藤 環(えんどう たまき、1951年 - )は、日本演出家プロデューサー。元・TBSプロデューサー、一般社団法人日本映画テレビプロデューサー協会理事。2000年代の一時期は「えんたま」名義で活動していた。

目次

来歴・人物編集

1951年東京都生まれ。1975年一橋大学卒、TBS(当時の東京放送、現・東京放送ホールディングス)に入社。制作局に配属されテレビドラマの演出を担当。演出は主に八木康夫伊藤一尋プロデュースのドラマで担当していた。 昭和50年代にはバラエティ制作部門に異動していた時期があり、上司の山田修爾の下で『ザ・ベストテン』を担当した他、『ザ・チャンス!』『ぴったし カン・カン』等の1980年代を代表するTBSの人気バラエティ番組のディレクターも数多く担当した。 ドラマ制作部門に復帰後はプロデューサーも担当するようになり、『愛はどうだ』『ホームワーク』『Summer Snow』等の人気ドラマをプロデュースした。また、1993年放送の『徹底的に愛は…』では主題歌今を抱きしめて」の楽曲プロデュースも担当している(YOSHIKIとの共同プロデュース)。 2011年TBSを定年退職。現在は講演会などで若手テレビマンの育成指導に当たっている。

過去の担当番組編集

バラエティ番組

テレビドラマ

演劇編集

  • 『エジソン郡の橋~天才発明家裏電説~』演出(2002年、シアターVアカサカ)

出演番組編集

関連項目編集

外部リンク編集