遠藤 胤昌(えんどう たねまさ)は、江戸時代後期の近江国三上藩の世嗣。官位式部少輔

 
遠藤胤昌
時代 江戸時代後期
生誕 文化元年10月4日1804年11月5日
死没 安政3年6月27日1856年7月28日
改名 邦之丞(幼名)、遠藤胤昌
戒名 直諒院素温
官位 式部少輔
美濃高須藩近江三上藩世嗣
氏族 高須松平家遠藤氏
兄弟 松平義質松平義建松平容敬胤昌
宣姫
遠藤胤統
テンプレートを表示

略歴編集

美濃国高須藩9代藩主・松平義和の事実上四男として誕生。幼名は邦之丞。なお、享和3年生まれ(都合により文化3年生まれと公年を詐称している)の松平容敬は公式上は会津松平家で生まれて、水戸徳川家にいなかったことになっているので、公式上は三男ということになっている。

天保3年(1832年)5月2日、5代藩主・遠藤胤統の養子となる。正室は遠藤胤統の娘。養子に胤城(遠藤胤統の三男)。

胤統に先立って安政3年(1856年)6月27日に死去した。享年53。戒名は直諒院素温。