メインメニューを開く

遠藤 董(えんどう ただし[1]、えんどう ただす[2]嘉永6年1月22日1853年3月1日)‐ 昭和20年(1945年1月22日)は、日本教育者芸術家。鳥取県教育の源流、郷土教育の父[3]鳥取県内初の公共図書館をつくり、また、女子中等教育を拡充し、鳥取盲聾唖学校を設立した。

生涯編集

画学生時代まで編集

嘉永6年1月22日(1853年3月1日)、鳥取藩士の父・遠藤重嘉、母・雪の長男。幼名は東造[4]

文久元年1月(1861年1月または2月)、尚徳館に入り、坂田潤蔵の門弟となる。元治元年(1864年)、根本雪峨に入門。画を学ぶ。慶応元年(1865年)、東造から藤蔵に改名。

1874年(明治7年)、広島師範学校に入学し、原介一に初めて洋画を学ぶ[5][6]。1877年(明治10年)、上京して高橋由一の「天絵社」に入学、ここでも洋画を教授される[5][6]。1878年(明治11年)、画学伝習に尽力したとして10円を支給される[5][6]。この年自画像(30号)(焼失)を描く[5][6]

教育者・図書館長時代編集

1890年(明治23年)、因幡小学校鳥取県立図書館の前身にあたる「久松文庫(きゅうしょうぶんこ)」を設ける。自身の図書を持ち込んで蔵書とし、生徒の利用に供した。

1902年(明治35年)、久松文庫は鳥取市教育会の管轄下に置かれて「私立鳥取文庫」に改名し、一般市民にも開放された。同時に庫長となる(1907年(明治40年)5月に「私立鳥取図書館」に改称)。

1910年(明治43年)、鳥取盲唖学校の構想に基づき、「積善会」を立ち上げる。盲唖学校設立認可を受け、私立鳥取盲唖学校を設立し、学校長に就任した。

1918年(大正7年)、基金を含めて建物・蔵書のすべてを鳥取市に寄贈し、鳥取県内初の公立図書館となる「鳥取市立図書館」が発足する。これに際して、遠藤は館長事務取扱となる。1929年(昭和4年)3月、館長事務取扱を辞任した。「鳥取市立図書館」は鳥取県立に移管された。

1937年(昭和12年)、鳥取県立鳥取盲聾唖学校に改称し、初代校長兼教諭に任ぜられる。

1940年(昭和15年)、鳥取県立鳥取盲聾唖学校長並びに教諭を辞する。

出典編集

  1. ^ 『遠藤董と盲・ろう教育』p.71
  2. ^ 『鳥取県大百科事典』p.112
  3. ^ 『鳥取市人物誌』p.54
  4. ^ 『鳥取県教育・文化の父 遠藤董 講演会』略年譜
  5. ^ a b c d 『遠藤董と盲・ろう教育』p.253
  6. ^ a b c d 『遠藤董顕彰展』p.2

参考文献編集

  • 『鳥取市人物誌』鳥取市、2010年
  • 塩田健夫『遠藤董と盲・ろう教育』今井書店鳥取出版企画室、2008年
  • 新日本海新聞社鳥取県大百科事典編集委員会『鳥取県大百科事典』、新日本海新聞社、1984年
  • 鳥取県教育委員会『鳥取県郷土が誇る人物誌』第一法規出版、1990年
  • 『郷土教育の父 遠藤董先生年譜 1853-1945』遠藤董先生遺徳顕彰會、1952年
  • 『遠藤董先生履歴書』鳥取県立鳥取聾学校蔵
  • 生誕140周年・開館2周年記念展『遠藤董 顕彰展』-教育の源流を求めて-』鳥取県立図書館、1992年
  • 津村光洋『図書館の屋根の下で 戦前の県立鳥取図書館をめぐる人々』今井出版、2009年

関連項目編集