メインメニューを開く

遠距離航空コマンド (ロシア航空宇宙軍)

ロシア航空宇宙軍
Воздушно-Космические Силы Российской Федерации
Medium emblem of the Военно-воздушные силы Российской Федерации.svg
Flag of the Russian Air Force.svg
国防省
主要部隊
航空宇宙軍総司令部
第6航空・防空軍
第14航空・防空軍
第11航空・防空軍
第4航空・防空軍
第45航空・防空軍
遠距離航空コマンド
軍事輸送航空コマンド
防空・ミサイル防衛部隊
宇宙部隊
歴史・伝統
ロシア航空宇宙軍の歴史
ロシア航空宇宙軍の軍服
その他
階級
装備品一覧

遠距離航空コマンド(えんきょりこうくうコマンド、ロシア語:Командование Дальней Авиации)は、ロシア航空宇宙軍中央司令部隷下の主要なコマンドの内の1つ。その前身は第37航空軍である。爆撃機を運用し、核弾頭搭載型巡航ミサイルによる核攻撃、並びに通常弾頭を搭載した空対地ミサイル及び精密誘導爆弾等による攻撃を任務とする。

編制編集

遠距離航空コマンドは、2008年のロシア軍の大規模な軍事改革により、2009年に第37航空軍から改編され設立された。2個航空基地[1]及びコマンド司令部直轄部隊から成る[2]。2015年末時点で、爆撃機(Tu-22M3/MR×63機、Tu-95MS/MSM×60機、Tu-160×16機)×計139機、空中給油機(Il-78×5機、Il-78M×10機)を装備する。Tu-95MS/MSMおよびTu-160は核巡航ミサイル(Kh-55/SM)を発射する能力がある。2015年現在、核巡航ミサイルはステルス性を高めたKh-102に更新中である[3]

司令部 編集

遠距離航空コマンド司令部Штаба командования дальней авиации)は、モスクワに所在する。

司令部直轄部隊 編集

第6950ドンバス親衛航空基地編集

第6950ドンバス親衛航空基地6950-я гвардейский авиационная база)は、サラトフ州エンゲリス飛行場に本部を置く。隷下に3個航空群と3個保管・修理工場をもつ。

第6952航空基地編集

第6952航空基地6952-я авиационная база)は、アムール州ウクラインカ飛行場に本部を置く。隷下に2個航空群と2個保管・修理工場をもつ。

司令官編集

脚注編集

  1. ^ この場合の「航空基地」とは、あくまで部隊単位としての呼称であり、航空基地や飛行場といった施設のことでは無い。
  2. ^ 部隊編制は雑誌AirForces Monthly,March 2015による。
  3. ^ Military Balance 2016より