遠野市

日本の岩手県の市
遠野から転送)

遠野市(とおのし)は、岩手県内陸部にある都市である。

とおのし
遠野市
カッパ淵
Flag of Tono, Iwate.svg
遠野市旗
Emblem of Tono, Iwate.svg
遠野市章
2006年平成18年)6月1日制定 2006年(平成18年)6月1日制定
日本の旗 日本
地方 東北地方
都道府県 岩手県
団体コード 03208-5
法人番号 4000020032085
面積 825.97km2
総人口 26,788
推計人口、2018年4月1日)
人口密度 32.4人/km2
隣接自治体 釜石市花巻市奥州市宮古市
気仙郡住田町
上閉伊郡大槌町
市の木 いちい
市の花 やまゆり
市の鳥 やまどり
遠野市役所
市長 本田敏秋
所在地 028-0592
岩手県遠野市中央通り9番1号
北緯39度19分55.304秒東経141度31分58.39秒
Tono City Hall 2017.jpg遠野市役所庁舎(2017年12月17日撮影)
外部リンク 遠野市ウェブサイト (日本語)

遠野市位置図

― 市 / ― 町 / ― 村

 表示 ウィキプロジェクト

柳田國男の『遠野物語』の舞台となった町であり、河童座敷童子などが登場する「遠野民話」が伝わる。

目次

地理編集

 
遠野市中心市街地周辺の空中写真。1977年撮影の2枚を合成作成。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。
 
鍋倉公園から望む遠野市街。

位置と地形編集

岩手県南東部の内陸に位置する。市のほぼ全域が、北上川の支流である猿ヶ石川の最上流域にあたり、中央部は北上山地最大の盆地である遠野盆地となっている。また、岩手県で2番目に高い山である早池峰山の一部も市域にある。

人口編集

 
遠野市と全国の年齢別人口分布(2005年) 遠野市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 遠野市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
遠野市(に相当する地域)の人口の推移
1970年 40,768人
1975年 38,146人
1980年 37,382人
1985年 36,312人
1990年 34,923人
1995年 33,898人
2000年 33,108人
2005年 31,402人
2010年 29,331人
2015年 28,062人
総務省統計局 国勢調査より

気候編集

先述の通り北上高地に位置しており、冬季の放射冷却が起きると-20℃近くまで下がることもある。また、太平洋側気候であるが、豪雪地帯対策特別措置法において豪雪地帯に指定されている。

  • 最高気温極値 36.5℃(2007年8月14日)
  • 最低気温極値 -22.5℃(1978年2月15日)
遠野の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 °C (°F) 1.5
(34.7)
2.4
(36.3)
6.6
(43.9)
14.1
(57.4)
19.7
(67.5)
23.3
(73.9)
26.4
(79.5)
28.2
(82.8)
23.4
(74.1)
17.5
(63.5)
10.8
(51.4)
4.6
(40.3)
14.88
(58.78)
平均最低気温 °C (°F) −7.3
(18.9)
−7.0
(19.4)
−3.5
(25.7)
1.7
(35.1)
7.2
(45)
12.9
(55.2)
17.3
(63.1)
18.6
(65.5)
13.8
(56.8)
6.3
(43.3)
0.4
(32.7)
−3.6
(25.5)
4.73
(40.52)
降水量 mm (inch) 46.8
(1.843)
36.8
(1.449)
72.1
(2.839)
90.7
(3.571)
97.4
(3.835)
116.5
(4.587)
155.5
(6.122)
175.7
(6.917)
148.5
(5.846)
97.9
(3.854)
79.1
(3.114)
55.3
(2.177)
1,172.3
(46.154)
降雪量 cm (inch) 105
(41.3)
84
(33.1)
44
(17.3)
2
(0.8)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
5
(2)
55
(21.7)
295
(116.2)
平均月間日照時間 94.8 108.6 134.6 164.5 172.5 142.0 129.3 140.2 108.4 124.5 107.8 88.5 1,515.7
出典: 気象庁

歴史編集

城下町としての遠野編集

徳川家康に臣従し、盛岡藩を成立させた南部利直は領内の基盤整備に取りかかった。それまで遠野を領有していた阿曽沼氏や鱒沢氏を追放し、根城南部氏の八戸直義を転封させて仙台藩領と隣接する遠野の統治にあたらせた。1627年寛永4年)、直義は遠野鍋倉城主として12,500石を与えられた。以後明治維新までの約240年間、遠野は遠野南部氏の城下町として存続した。歴代当主は盛岡藩御三家の一つとして盛岡に常駐していたため、実際の政務は鍋倉城代である重鎮の家老達により行われていた。現在も穀町、大工町、材木町、六日町という地名に城下町の名残を見ることができる。

沿革編集

行政編集

 
遠野駅前にある遠野ショッピングセンター「とぴあ」。2011年以降、遠野市役所のとぴあ庁舎が入居している。

歴代市長編集

  • 「昭和の大合併」以後
氏名 就任 退任 備考
沼里末吉 1954年昭和29年)12月1日 1955年(昭和30年)1月17日 市長職務執行者
1 佐々木三和吉 1955年(昭和30年)1月18日 1959年(昭和34年)1月17日
2 村上順弥 1959年(昭和34年)1月18日 1963年(昭和38年)1月17日
3 1963年(昭和38年)1月18日 1967年(昭和42年)1月17日
4 工藤千蔵 1967年(昭和42年)1月18日 1971年(昭和46年)1月17日
5 1971年(昭和46年)1月18日 1975年(昭和50年)1月17日
6 1975年(昭和50年)1月18日 1979年(昭和54年)1月17日
7 1979年(昭和54年)1月18日 1982年(昭和57年)3月5日
8 小原正巳 1982年(昭和57年)4月25日 1986年(昭和61年)4月24日
9 1986年(昭和61年)4月25日 1990年平成2年)4月24日
10 1990年(平成2年)4月25日 1994年(平成6年)4月24日
11 菊池正 1994年(平成6年)4月25日 1998年(平成10年)4月24日
12 1998年(平成10年)4月25日 2002年(平成14年)4月24日
13 本田敏秋 2002年(平成14年)4月25日 2005年(平成17年)9月30日
  • 「平成の大合併」以後
氏名 就任 退任 備考
佐々木廣 2005年(平成17年)10月1日 2005年(平成17年)10月23日 市長職務執行者、元・宮守村
1 本田敏秋 2005年(平成17年)10月23日 2009年(平成21年)10月22日
2 2009年(平成21年)10月23日 2013年(平成25年)10月22日
3 2013年(平成25年)10月23日 2017年(平成29年)10月22日
4 2017年(平成29年)10月23日 現職

経済編集

基幹産業は農業である。全就業者の中で農業就業者の占める割合は、1950年時点で73%であったが、1960・1970年代を中心に減少し、2005年には22%まで低下した[1]。代わって、サービス業・製造業・建設業等の就業者割合が増加している。

姉妹都市・友好都市編集

国内編集

国外編集

地域編集

郵便編集

郵便局
  • 遠野郵便局(集配局)
  • 岩手上郷郵便局(集配局)
  • 小友郵便局(集配局)
  • 附馬牛郵便局(集配局)
  • 宮守郵便局(集配局)
  • 達曽部郵便局
  • 青笹郵便局
  • 遠野新町郵便局
  • 綾織郵便局
  • 遠野松崎郵便局
  • 土淵郵便局
簡易郵便局
  • 上宮守簡易郵便局
  • 鱒沢簡易郵便局
  • 二日町簡易郵便局

教育編集

小学校編集

  • 遠野市立遠野小学校
  • 遠野市立遠野北小学校
  • 遠野市立綾織小学校
  • 遠野市立小友小学校
  • 遠野市立附馬牛小学校
  • 遠野市立土淵小学校
  • 遠野市立青笹小学校
  • 遠野市立上郷小学校
  • 遠野市立宮守小学校
  • 遠野市立達曽部小学校
  • 遠野市立鱒沢小学校

中学校編集

2013年(平成25年)4月1日に再編(括弧内は再編前)

  • 遠野市立遠野中学校(遠野中学校、綾織中学校、附馬牛中学校)
  • 遠野市立遠野東中学校(土淵中学校、青笹中学校、上郷中学校)
  • 遠野市立遠野西中学校(小友中学校、宮守中学校)

高等学校編集

交通編集

 
遠野駅

鉄道編集

バス編集

道路編集

高速自動車国道に並行する一般国道の自動車専用道路
一般国道
県道
道の駅

名所・旧跡・観光スポット編集

前述の通り、遠野市は柳田國男の『遠野物語』の舞台であることから、市は「民話のふるさと」のキャッチフレーズのもと、民話とその背景となる伝統文化を主な資源として観光者誘致を図っている。市の公式キャラクターは、「カリンちゃん」および「くるりんちゃん」である[2]

スポーツチーム編集

遠野を舞台にした作品編集

小説
  • 遠野物語(柳田國男)
  • 遠野へ(水野葉舟)
  • 聴耳草紙(佐々木喜善)
  • 新釈遠野物語(井上ひさし
  • 遠野殺人事件(内田康夫
  • 遠野伝説殺人事件(「遠野わらべ唄殺人事件」を改題、西村京太郎
  • ヤマユリワラシ -遠野供養絵異聞-(澤見彰)
  • 僕らのネクロマンシー(佐々木大輔)
漫画・アニメ
ゲーム

遠野市出身の有名人編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 各年版の国勢調査による。
  2. ^ カリンちゃん&くるりんちゃんのプロフィール
  3. ^ アスペクト 『巨石巡礼 見ておきたい日本の巨石22』 アスペクト2011年、8-13頁。ISBN 9784757218734

参考文献編集

  • 菊池輝雄 『「遠野物語」を歩く -民話の舞台と背景-』 講談社1992年
  • 鈴木久介 『遠野市の歴史』 熊谷印刷出版部、1993年
  • 河本大地 『岩手県遠野市における南部曲家の減少とその背景(「地域地理研究」第7巻より)』 地域地理科学会、2002年、1-18頁。
  • 金原左門 『遠野のいまと昔 -もうひとつの『遠野物語』を歩いて-』 有志舎、2015年

関連項目編集

外部リンク編集