遣迎院 (京都市東山区)

京都市東山区にある浄土宗西山禅林寺派の寺院

遣迎院(けんこういん)は、京都市東山区にある浄土宗西山禅林寺派の寺院。南遣迎院とも称される。西山国師(証空)終焉の地である。

遣迎院
Keiko-in temple, Kyoto, Higashiyama.jpg
所在地 京都府京都市東山区本町19丁目400-1
位置 北緯34度58分28.2秒 東経135度46分16.2秒 / 北緯34.974500度 東経135.771167度 / 34.974500; 135.771167座標: 北緯34度58分28.2秒 東経135度46分16.2秒 / 北緯34.974500度 東経135.771167度 / 34.974500; 135.771167
山号 慈眼山
宗旨 浄土宗浄土教
宗派 浄土宗西山禅林寺派
本尊 十一面観音菩薩
創建年 正治3年(1201年
開山 証空
開基 九条道家
正式名 慈眼山遣迎院
別称 南遣迎院
札所等 西山国師遺跡霊場第10番
法人番号 5130005000498 ウィキデータを編集
遣迎院 (京都市東山区)の位置(京都市内)
遣迎院 (京都市東山区)
テンプレートを表示

歴史編集

1201年正治3年)に九条道家の開基、証空浄土宗西山派の派祖)の開山により釈迦と阿弥陀を本尊として現在地に創建されたのに始まる。1583年天正13年)には寺の敷地が豊臣秀吉により方広寺大仏殿(京の大仏)の敷地と定められたため移転を余儀なくされた。移転は大仏殿計画地が渋谷佛光寺境内に変更されたため中断されたが、一連の経緯の中で2寺に分かれることとなった。その内の1寺はそのまま残され、浄土宗西山禅林寺派の寺として現存している。もう1寺は現在の北区鷹峯に移され、浄土真宗遣迎院派遣迎院である。

関連項目編集