選ばなかったみち

選ばなかったみち』(えらばなかったみち、原題:The Roads Not Taken)は、2020年イギリスアメリカ合衆国ドラマ映画サリー・ポッター監督の実弟の介護経験から着想を得て制作された[4]ハビエル・バルデムエル・ファニングらが出演。第70回ベルリン国際映画祭コンペティション部門出品作品[5][6]

選ばなかったみち
The Roads Not Taken
監督 サリー・ポッター
脚本 サリー・ポッター
製作 クリストファー・シェパード英語版
出演者 ハビエル・バルデム
エル・ファニング
サルマ・ハエック
音楽 サリー・ポッター
撮影 ロビー・ライアン
編集 エミリー・オルシニ
サリー・ポッター
ジェイソン・レイトン
製作会社 BBCフィルムズ
BFI
配給 アメリカ合衆国の旗 ブリーカー・ストリート
日本の旗 ショウゲート
公開 アメリカ合衆国の旗 2020年3月13日[1]
イギリスの旗 2020年9月11日
日本の旗 2022年2月25日[2]
上映時間 86分
製作国 イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $3,518[3]
イギリスの旗 $101,921[3]
世界の旗 $105,439[3]
テンプレートを表示

ストーリー編集

ニューヨークに住むメキシコ移民の作家レオは認知症を患い、娘モリーやヘルパーの助けがなくては生活がままならなくなってしまったが、彼らとの意思疎通も困難な状況になっていた。

父娘の話を軸に、レオが初恋の女性とメキシコで生活している話と、ギリシャで若い女性と知り合う話とが行き交う。

キャスト編集

作品の評価編集

Rotten Tomatoesによれば、47件の評論のうち高評価は43%にあたる20件で、平均点は10点満点中5.1点、批評家の一致した見解は「『選ばなかったみち』は演技の素晴らしい作品で、間違いなく特異なビジョンにもとづいたものであるが、最終的にはフラストレーションがたまるほど、致命的に生気のないものになっている。」となっている[7]Metacriticによれば、19件の評論のうち、高評価は2件、賛否混在は13件、低評価は4件で、平均点は100点満点中42点となっている[8]

出典編集

  1. ^ Lang, Brent (2019年10月25日). “Bleecker Street Buys Harvey Weinstein-Inspired Drama 'The Assistant'” (英語). Variety. https://variety.com/2019/film/news/bleecker-street-the-assistant-harvey-weinstein-1203383735/ 2019年10月25日閲覧。 
  2. ^ “ハビエル・バルデム&エル・ファニングが親子役 サリー・ポッター監督最新作「選ばなかったみち」2月25日公開”. 映画.com. (2021年10月28日). https://eiga.com/news/20211028/7/ 2021年10月28日閲覧。 
  3. ^ a b c The Roads Not Taken” (英語). Box Office Mojo. 2022年7月28日閲覧。
  4. ^ “ハビエル・バルデム×エル・ファニング初共演、監督の実体験に基づく『選ばなかったみち』公開決定”. cinemacafe.net. (2021年10月28日). https://www.cinemacafe.net/article/2021/10/28/75474.html 2021年10月28日閲覧。 
  5. ^ The 70th Berlinale Competition and Further Films to Complete the Berlinale Special”. Berlinale Press Releases. Berlinale (2020年1月29日). 2020年1月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月28日閲覧。
  6. ^ Dams, Tim (2020年1月29日). “Berlin Competition Lineup Revealed: Sally Potter, Kelly Reichardt, Eliza Hittman, Abel Ferrara” (英語). Variety. https://variety.com/2020/film/festivals/berlin-film-festival-main-competition-lineup-1203485048/ 2020年1月29日閲覧。 
  7. ^ The Roads Not Taken” (英語). Rotten Tomatoes. 2022年7月28日閲覧。
  8. ^ "The Roads Not Taken" (英語). Metacritic. 2022年7月28日閲覧。

外部リンク編集