メインメニューを開く

選叙令(せんじょりょう)は、の篇目の1つ。養老令では第条12番目に位置しており、全38条からなる。大宝令では選任令と称されていた。

唐の選挙令を継承したもので、飛鳥浄御原令考仕令大宝令考仕令選任令とに分かれたものである。「選」とは才能を選出して官職に任命することで、「叙」は考を数えて位階を叙することである。

官位を授与する際のもろもろの規定を収載し、考課令と合わせて官人の人事制度を規定したものである。叙位の年間の日程・手続きを定め、位階においては、内・外五位以上に叙する「勅授」、内八位・外七位以上に叙する「奏授」、外八位および内・外初位に叙する「判授」を区別し、官職においては、大納言以上などの中核的な官僚を任命する「勅任」のほかに、「奏任」、「判任」、「判補」の4段階に区分されていた。そのほか、成選の年限および進階法、秀才・明経・進士・明法などの各科の官吏登用試験の制度と合格者の叙位、蔭位の制などを制定する。任官に関しては、官人の兼官や致仕(辞職)、散位などや、郡司国博士、帳内・資人などの任命に関する人事細則が見られる。

参考文献編集

関連項目編集