メインメニューを開く

遼瀋道(りょうしん-どう)は中華民国北京政府により設置された遼寧省の道。

中華民国 遼寧省 (中華民国)省 遼瀋道
1913年 - 1929年
簡体字 辽沈
繁体字 遼瀋
拼音 Liáoshĕn
カタカナ転記 リャオシェン
国家 中華民国
遼寧省 (中華民国)
行政級別
政府所在地 営口県1913-1914
瀋陽県1914-1929
建置 1913年
廃止 1929年
面積
- 総面積 km²
人口

沿革編集

1913年民国2年)2月、南路道として成立、観察使は営口県に置かれ、下部に海城、蓋平、遼中、遼陽、営口、金県、復県、岫岩、荘河の9県を管轄した。同年9月、中路道及び西路道が廃止されたことから管轄地域が拡大し、瀋陽、鉄嶺、開原、錦県、広寧、綏中、義県、寧遠、盤山、錦西、新民、北鎮、彰武、東平、西安、西豊の各県が加わり21県の管轄となっている。1914年(民国3年)7月、遼瀋道と改称され、観察使も道尹と改められた。1929年(民国18年)に廃止されている。

行政区画編集

脚注編集