メインメニューを開く
火災避難訓練(Fire drill)の様子(2001年11月・ジェームズ・マディソン大学学生寮)

避難訓練(ひなんくんれん)は災害戦争、個人または集団で行われる犯罪時における攻撃を想定した避難訓練のこと。

目次

概要編集

避難訓練は、避難経路を覚え、災害時のパニック状態を抑制し、いざという時の手順を覚える為に行われる訓練である。また近くの避難所を覚える訓練でもある。


種類編集

避難訓練と同時に行われるもの編集

  • 消火訓練(水消火器を実際に使用)

標語編集

学校では避難時の心構えをまとめた標語が作られており、「おかしも」などといった標語を用いて、慎重な行動をするように促している。ちなみに、おかしもは「押さない、駆けない、喋らない、戻らない」の頭文字をとったものである[2]。これらの標語は地域や教える学校によって一部差異があるが、基本的には焦らず、冷静に行動・判断を促すよう教えている。

避難訓練が逆効果になった個別例編集

2011年3月11日に起きた東北地方太平洋沖地震で、岩手県釜石市で拠点避難所(津波が収束した後の2次避難所)として指定されている「鵜住居地区防災センター」に避難した住民のうち54名が、津波にのまれて亡くなった。

2010年5月と、2011年3月3日(震災のちょうど一週間前)には、高台にある一次避難所(津波発生時の緊急避難所)でなく、この二次避難所を避難先として避難訓練が行われていた。高齢者への負担軽減のための措置・配慮だったが、逆に誤った刷り込みを産む結果となってしまった[3]

日本の根拠法令編集

脚注編集

関連項目編集