那智勝浦町市屋

日本の和歌山県東牟婁郡那智勝浦町にある那智勝浦新宮道路のインターチェンジ

那智勝浦町市屋(なちかつうらちょういちや)は、和歌山県東牟婁郡那智勝浦町市屋にある那智勝浦新宮道路の出入口(インターチェンジ)である[4]那智勝浦IC方面のみ利用できる。市屋ランプとも言う。

那智勝浦町市屋
所属路線 E42 那智勝浦新宮道路
本線標識の表記 終点 速度落せ
起点からの距離 15.2[1] km(新宮市三輪崎起点)
那智勝浦IC (6.3[2] km)
所属路線 E42 串本太地道路
(13.4[3] km) 古座川IC(事業中)
供用開始日 2015年平成27年)9月13日
通行台数 x台/日
所在地 649-5141
和歌山県東牟婁郡那智勝浦町市屋[4]
北緯33度35分19.6秒 東経135度54分53.9秒 / 北緯33.588778度 東経135.914972度 / 33.588778; 135.914972座標: 北緯33度35分19.6秒 東経135度54分53.9秒 / 北緯33.588778度 東経135.914972度 / 33.588778; 135.914972
備考 那智勝浦方面のみ利用可
テンプレートを表示

近畿自動車道紀勢線に並行する国道42号自動車専用道路として整備された。

概要編集

太地町の最寄りインターチェンジであり、町の中心部へは車で15分ほどかかる。

ここより南(串本田辺方面)は串本太地道路として整備される予定である[3]国土交通省が発表した串本太地道路の路線図によれば、インターチェンジの名称は「太地IC(仮称)」で、設置場所は本出入口(那智勝浦町市屋)から先(太田川の対岸)に位置する那智勝浦町八尺鏡野となっている[5]

周辺編集

接続する道路編集

料金所編集

無料区間のため設置されていない。

編集

E42 那智勝浦新宮道路
那智勝浦IC - 那智勝浦町市屋[6]
E42 串本太地道路
太地IC(事業中) - 古座川IC(事業中) [3]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 国土交通省 2015, p. 7.
  2. ^ 国土交通省 2015, p. 1.
  3. ^ a b c 一般国道42号(近畿自動車道紀勢線)串本太地道路に係る新規事業採択時評価 (PDF)” (日本語). 国土交通省 近畿地方整備局 紀南河川国道事務所. 国土交通省. p. 2. 2020年9月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月30日閲覧。
  4. ^ a b 国土交通省 2015, p. 8.
  5. ^ 串本太地道路 パンフレット (PDF)” (日本語). 国土交通省 近畿地方整備局 紀南河川国道事務所. 国土交通省 (2018年10月). 2020年1月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年12月11日閲覧。
  6. ^ a b c 国土交通省 2015, p. 3.

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集