那智黒 (なちぐろ)とは、和歌山県東牟婁郡太地町に本社を置く株式会社那智黒総本舗(なちぐろそうほんぽ)が製造・販売する那智勝浦町周辺(新宮市三重県熊野市南牟婁郡御浜町紀宝町など)で販売されている。

株式会社那智黒総本舗
nachiguro-souhonpo co.,ltd.
種類 株式会社
略称 那智黒
本社所在地 日本の旗 日本
649-5172
和歌山県東牟婁郡太地町森浦438
設立 1974年昭和49年)3月
創業:1877年明治10年)
業種 食料品
法人番号 1170001011656 ウィキデータを編集
事業内容 黒飴「那智黒」など菓子の製造販売
代表者 坂野日出夫(代表取締役社長)
資本金 3000万円
外部リンク http://www.nachiguro.co.jp/
テンプレートを表示
画像提供依頼:ラベルなしの製品の画像提供をお願いします。2021年10月

特色編集

「黒あめ那智黒」の商品名で株式会社那智黒総本舗が製造している。那智黒本舗は1877年(明治10年)に創業した。

和歌山県を代表する観光土産であり、高野山等の門前町でも店先に並べられている。和歌山県以外では、三重県のイオン熊野店大阪府JR新大阪駅関西国際空港の売店で販売されている。

熊野の特産である那智黒石で作られた碁石にちなんだお菓子として生み出された。主原料に鹿児島県徳之島産の黒砂糖を使用している。値段も手頃で嵩張らないため、参詣土産として全国の信徒や来訪者が購入することが多い。

また、和歌山県推薦優良土産品に指定されている。

沿革編集

  • 1877年(明治10年) - 那智黒本舗が創業。
  • 1942年(昭和17年) - 農林省から保存銘菓の指定を受け、戦時下にも製造された。
  • 1955年(昭和30年)12月 - 個人経営より有限会社那智黒本舗設立。
  • 1962年(昭和37年)11月 - 現本社工場が完成。
  • 1972年(昭和47年) - テレビCMの放送を開始。1983年(昭和58年)頃まで放送。
  • 1974年(昭和49年)3月 - 株式会社那智黒総本舗として組織・社名共に変更。
  • 1989年(平成元年)5月 - 第21回全国菓子大博覧会において那智黒が名誉総裁賞を受賞。

備考編集

脚注編集

  1. ^ 本商品のCMは東海地方でも放送されており、関西に劣らず高い知名度がある。
  2. ^ “松鶴家千とせさん死去・「黒あめ那智黒」のCMで人気”. wbs和歌山放送ニュース. (2022年2月17日). https://news.wbs.co.jp/169158 2022年2月17日閲覧。 

リンク編集