メインメニューを開く

那波 活所(なば かっしょ、文禄4年(1595年) - 正保5年1月3日1648年1月27日))は、江戸時代初期の儒学者。名は信吉・方・觚。字は道円。通称は平八。

播磨国姫路の豪農の家に生まれ、儒学医術とを学んだ後、京都に出て藤原惺窩に師事した。林羅山松永尺五堀杏庵とともに「惺窩門四天王」の一人と称される。1623年元和9年)肥後国熊本藩加藤忠広に仕え、1635年寛永12年)から紀伊国和歌山藩徳川頼宣に儒臣として仕えた。活字による『和名抄』の刊行にかかわっている。

著書に『人君明暗図』『活所遺稿』がある。『桜譜』はの専門書の先駆けであるばかりでなく、桜の品種を記載したものとして貴重。

学問源流』などを著した那波師曾(魯堂)は玄孫にあたる。後世の孫には、京都大学教授で東洋史学者の那波利貞がある。