メインメニューを開く

那珂川町馬頭広重美術館

栃木県那須郡那珂川町にある町立美術館

那珂川町馬頭広重美術館(なかがわまちばとうひろしげびじゅつかん)は、栃木県那須郡那珂川町にある町立美術館である。

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 那珂川町馬頭広重美術館
Nakagawa-machi Bato Hiroshige Museum of Art
Bato Hiroshige Museum 2009.jpg
那珂川町馬頭広重美術館の位置(栃木県内)
那珂川町馬頭広重美術館
栃木県内の位置
施設情報
愛称 広重美術館
専門分野 浮世絵・日本画・近代絵画
建物設計 隈研吾
開館 9時30分
閉館 17時(入館は16時30分まで)
所在地 324-0613
栃木県那須郡那珂川町馬頭116-9
アクセス JR宇都宮線氏家駅からバスで50分・烏山線烏山駅からバスで30分
車の場合は矢板インターから50分
外部リンク http://www.hiroshige.bato.tochigi.jp/
プロジェクト:GLAM
小林清親

歌川広重版画・肉筆画94点のほか、小林清親川村清雄徳富蘇峰の作品や関係資料など約4500点を所蔵・展示している。中でも「天童広重」十数点を含む広重の肉筆画の所蔵点数が40を超え、全国の美術館でも多いことが特色である[1]

目次

概要編集

この美術館は、那珂川町の商店街里山散策路に挟まれた公共性の高い土地を生かして、美術館を中心とした町づくりを構想の核として馬頭町(当時)により設置され、2000年平成12年)11月3日にオープンした。

青木藤作コレクション遺族より那珂川町へ寄贈されたものが、「青木コレクション」として同館所蔵品の中心作品となっている。館名の「広重」は、青木が広重の作品を好んだことによる。

美術館建物の設計は建築家の隈研吾によるもので、林野庁長官賞(2000年)・マロニエ建築賞(2000年、栃木県知事)・村野藤吾賞(2001年)・第42回BCS賞(2001年)・日本建築学会作品選奨(2003年)を受賞している[2]

美術館周辺には、蕎麦屋や洋食屋、美術館併設のカフェ(不定休)がある。

開館までの経緯(青木コレクション)編集

 
川村清雄作『梅に雀』

1996年(平成8年)に、前年1月に発生した阪神・淡路大震災で被災した青木藤作の遺族から、歌川広重の肉筆画を中心とするコレクション寄贈の申し出が馬頭町(現・那珂川町)にあったことが美術館設立のきっかけである[3]

青木藤作(1870年明治3年〉 - 1946年昭和21年〉)は、栃木県塩谷郡熟田村狭間田(現・さくら市)に生まれ、肥料店を佐久山・氏家・西那須野で営み、実業家として成功する一方で、広重の肉筆画や版画をはじめとする美術品を収集し、また、徳富蘇峰と生涯にわたる交流を持ち続けた人物であった[4]

遺族は、コレクションを一括して所蔵・展示するところへの寄贈を望み、現在の那珂川町馬頭広重美術館設立が決定した[3]

開館時間・休館日編集

開館時間編集

  • 午前9時30分 - 午後5時00分(入館は午後4時30分まで)

休館日編集

入場料編集

  • 特別展:大人700円、高校生・大学生400円(20名以上団体料金、大人630円、高校生・大学生360円)
  • 企画展:大人500円、高校生・大学生300円(20名以上団体料金、大人450円、高校生・大学生270円)
    • 中学生以下無料
      • 年に何回か無料開放日が設けられている[5]

交通編集

電車・バス編集

編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 【ぐるっと首都圏】馬頭広重美術館(栃木県那珂川町)浮世絵の意匠 建物にも『日本経済新聞』朝刊2017年12月2日(首都圏経済面)
  2. ^ 那珂川町馬頭広重美術館 - 隈研吾建築都市設計事務所、2017年10月27日閲覧。
  3. ^ a b 開館までの経緯 - 那珂川町馬頭広重美術館、2017年10月27日閲覧。
  4. ^ 企画展 青木コレクション展 -青木藤作の思い- - 那珂川町馬頭広重美術館、2017年10月27日閲覧。
  5. ^ a b ご利用案内 - 那珂川町馬頭広重美術館、2017年10月27日閲覧。

外部リンク編集