那須ブラーゼン(なすブラーゼン、Nasu Blasen)は、栃木県那須塩原市を本拠地とする栃木県北部の観光地那須地域を拠点とした[1]自転車ロードレースのプロチームである。 競技チームはUCIコンチネンタルチーム(アジア)に属し、ジャパンサイクルリーグに属している。 「ブラーゼン」はドイツ語で「風が吹く」を意味し、「那須地域にサイクルスポーツの風を吹き込みたい」との願いを込めて命名された[2]

那須ブラーゼン
Nasu Blasen
チーム情報
UCIコード NAS
本拠地 日本の旗 日本
創設年 2012年
種目 ロードレース
格付け UCIコンチネンタルチーム(Asia)(2015-)
JBCF-Jプロツアーチーム(2013-2020)
JCL(2021-)
自転車 DEVEL project
首脳陣
GM 若杉厚仁
監督 岩井航太

歴史編集

  • 2012年
    • 那須ブラーゼン設立。栃木県内では宇都宮ブリッツェンに次いで2番目となる地域密着型プロサイクルロードレースチームである[3]
  • 2013年
  • 2014年
  • 2015年
    • UCIコンチネンタルチームに登録される[4]
  • 2019年
  • 2020年
    • 8月1日 那須高原りんどう湖ファミリー牧場運営の那須興業(同年5月に日本駐車場開発グループ入り)とスポンサー契約を締結。那須ハイランドパークレーシングチームを那須ハイーりんどう湖レーシングチームに改称[6]
  • 2021年
    • JBCF-Jプロツアーカテゴリーから外れ、新たに発足されるジャパンサイクルリーグに参戦[7]
    • 8月18日 バンクリーグ2021宇都宮ステージで優勝[8]
    • 10月31日 JCL第8線 湧水の郷しおやクリテリウム 金子大介が優勝し、チームとしても2017年のJプロツアー以来4年ぶり、JCLでは初勝利[9]

チーム陣容編集

2021年陣容

那須ブラーゼン(UCIコンチネンタルチーム・JCL登録競技チーム)

  • ゼネラルマネージャー - 岩井航太 (2018年から)競技チーム監督の役割も務める
  • メカニック - 樋口峻明 (2020年から)
氏名 生年月日 所属期間 備考
選手 西尾勇人 NISHIO Hayato (1994-01-09) 1994年1月9日(28歳) 2016-
選手 柴田雅之 SHIBATA Masayuki (1994-11-03) 1994年11月3日(27歳) 2017-
選手 西尾憲人 NISHIO Keito (1995-07-06) 1995年7月6日(27歳) 2019-
選手 佐藤宇志 SATO Takashi (1999-12-09) 1999年12月9日(22歳) 2020-
選手 佐藤大志 SATO Hiroshii (1999-12-09) 1999年12月9日(22歳) 2020-
選手 新開隆人 SHINKAI Ryuji (2000-07-14) 2000年7月14日(22歳) 2020-
選手 竹村拓 TAKEMURA Taku (1997-09-27) 1997年9月27日(24歳) 2020-
選手 谷順成 TANI Junsei (1994-08-04) 1994年8月4日(28歳) 2020-
選手 渡邊翔太郎 WATANABE Shotaro (1994-08-29) 1994年8月29日(27歳) 2020-
選手 金子大介 KANEKO Daisuke (1991-11-13) 1991年11月13日(30歳) 2021-
選手 島野翔汰 SHIMANO Shota (2000-09-04) 2000年9月4日(21歳) 2021-

那須ブラーゼンの過去の所属選手編集

選手名 所属期間 移籍先等
小野寺慶 2019-2020 外腸骨動脈の線維化症のため現役引退
下島将輝 2016-2020 現役引退
飯野智行 2019 群馬グリフィン・レーシングチーム
中村魁斗 2019 宇都宮ブリッツェン
樋口峻明 2018-2019 那須ブラーゼンの運営スタッフに
岸崇仁 2017-2018 リオモ・ベルマーレ・レーシングチーム
椎貝竜哉 2018 SBC Vertex Racing Teamへ
吉田悠人 2018 現役引退
永吉篤弥 2018 現役引退
新城銀二 2016-2017 EQADS
吉岡直哉 2015-2017 TeamUKYO
岩井航太 2015-2016 那須ブラーゼンの運営スタッフに
小坂光 2013-2016 ロードレース選手として那須ブラーゼンに所属していた
那須ブラーゼン所属期間を含めシクロクロス選手として宇都宮ブリッツェンに所属
高木三千成 2016 東京ヴェントス
水野恭兵 2016 インタープロサイクリングアカデミー
雨澤毅明 2013-2015 宇都宮ブリッツェン
新城雄大 2014-2015 EQADS
小野寺玲 2014-2015 宇都宮ブリッツェン
佐野淳哉 2014-2015 マトリックス・パワータグ
鈴木龍 2015 ブリヂストン・アンカー・サイクリングチーム
清水良行 2013-2014 2014年は監督兼選手、2015年から2017年は監督専任
鈴木近成 2014 現役引退
普久原奨 2014 群馬グリフィン・レーシングチーム
大場重幸 2013
眞坂哲平 2013 ロヂャースレーシングチームへ
若杉厚仁 2013 那須ブラーゼンの運営スタッフに

那須ブラーゼンの過去の所属監督編集

監督名 所属期間 備考
清水良行 2014-2017 2014年は選手兼監督2015年からは監督専任
中田真琴 2013

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 日本初の観光地を拠点とする地域密着型ロードレースである 「SPRIDE創刊号」(2016.4下野新聞社発行)
  2. ^ a b ““元気で前へ” 栃木・那須の素顔を映し出す NHKの自転車ドラマ「ライドライドライド」”. サンケイスポーツ. (2014年6月14日). http://cyclist.sanspo.com/138300 2017年4月9日閲覧。 
  3. ^ a b “栃木県に誕生したもうひとつの自転車ロードチーム「那須ブラーゼン」チーム体制発表”. cyclesports.jp. (2013年3月14日). http://www.cyclesports.jp/depot/detail/37338 2017年4月9日閲覧。 
  4. ^ “エース佐野淳哉に吉岡直哉、鈴木龍が加わったコンチネンタル登録の那須ブラーゼン”. cyclowired.jp. (2014年12月19日). http://www.cyclowired.jp/news/node/155235 2017年4月9日閲覧。 
  5. ^ “那須ハイランドパークレーシングチーム発足!25歳までのメンバーを募集”. BiCYCLE CLUB. (2018年12月25日). http://www.bicycleclub.jp/news-36145/ 2018年12月31日閲覧。 
  6. ^ 「那須ハイ-りんどう湖レーシングチーム」へ改称!老舗テーマパークとのスポンサー契約締結BiCYCLE CLUB(2020年9月25日)
  7. ^ “国内ロードレースの新リーグ「ジャパンサイクルリーグ」が始動 地域密着型9チームが参戦”. シクロワイアード. (2020年11月6日). https://www.cyclowired.jp/news/node/335859 2021年1月1日閲覧。 
  8. ^ バンクリーグ2021最終戦、宇都宮ステージは那須ブラーゼンが優勝morecadence(2021年8月19日)
  9. ^ 金子初V 地元熱く ブラーゼン勢4年ぶり栄冠 自転車JCL第8戦しおやクリテリウム下野新聞SOON(2021年11月1日)

外部リンク編集