メインメニューを開く

那須 頼資(なす よりすけ)は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての武将那須氏4代当主。

 
那須頼資
時代 平安時代末期 - 鎌倉時代初期
生誕 不明
死没 不明
改名 資頼(初名[1]?)→頼資
官位 肥前
幕府 鎌倉幕府
主君 源頼朝
氏族宇都宮氏→)那須氏
父母 父:宇都宮朝綱または那須資隆
養父:那須資之
兄弟 (朝綱が父の場合)宇都宮業綱(成綱)、氏家公頼頼資蒲生秀綱
(資隆が父の場合)森田光隆(太郎)、佐久山泰隆芋淵幹隆福原久隆、資之(五郎)、
滝田実隆沢村満隆堅田義隆稗田朝隆千本為隆(十郎)、資隆頼資
那須資之娘
光資[2]伊王野資長[2]荏原朝資[2]
味岡広資[2]稲沢資家[2]河田資氏[2]
矢田治資[2]小栗頼重室ほか

宇都宮朝綱の子で那須氏3代当主・那須資之の養子とされる[2]が、初代当主・那須資隆と朝綱の娘との庶子(那須小太郎宗高)とする説もある。実名については、寺山観音寺所蔵の「那須継図次第」等では資頼(すけより)[3]、『玉燭宝典』紙背文書所収の那須系図等では頼資としているが、いずれの名乗りを見ても、烏帽子親である源頼朝[4]から偏諱(「頼」の一字)を与えられた[5]ということが窺える(資頼を初名、頼資をその改名後の諱とする説もある[1])。

建久4年(1193年)、頼朝が那須へ巻狩に出かけた際には既に当主は子・光資となっていたと伝わっていることから、系図通りの順「(資隆(太郎)→資隆(与一)→資之→頼資」に継承があったと仮定するならば当主として活動した時期は短期間であったと推測される。

子・資長は、後の那須七騎伊王野氏の祖であり、その他の子も荏原氏河田氏などの支族を興している。なお、娘の一人は小栗頼重常陸小栗氏)に嫁いだが、その際に同行した侍女と小栗一族の男との間に生まれた子の末裔が後の那須七騎・大関氏となったという。

脚注編集

  1. ^ a b 世界帝王事典 - 那須氏 より。
  2. ^ a b c d e f g h 「那須系図」(『群書系図部集 四』P.338)ほか。
  3. ^ 阿部能久「観音寺所蔵「那須継図次第」について」(所収:『日本中世政治文化論の射程』)。尚、この系図は元和5年(1619年)前後に書かれた、数ある那須氏系図の中では最古の物とされているもので、その後に作られた『寛政重修諸家譜』にもこれと同様の内容が掲載されている(同前論文(山本、2012年、P.65))。
  4. ^ 安田元久 編『鎌倉・室町人名事典コンパクト版』(新人物往来社、1990年)p.447 「那須助員」の項(執筆:並木優記)。尚、助員については那須資村の息子と考えられるものの、『吾妻鏡』に登場する程度で、系譜についての詳細は不明としている(同前)。
  5. ^ 「那須系図」(『群書系図部集 四』P.338)の頼資の付記に「従頼朝卿(被下 脱か、〔ママ〕)拝領御一字。有子八人。一男光資。」とある。

出典編集

  • 『「那須系図』(『群書系図部集 四』P.338)
  • 山本隆志 編『日本中世政治文化論の射程』(思文閣出版、2012年)P.71)