邦高 忠二(くにたか ちゅうじ、1926年 - )は、日本のアメリカ文学者、明治大学名誉教授。

広島県生まれ。東京大学文学部卒業、専修大学助教授から、のち明治大学商学部教授を務め、定年後名誉教授。

現代アメリカ文学の翻訳を行うほか、大江健三郎などに関する評論も書いた。特にアイザック・バシェヴィス・シンガーを始めとするイディッシュ文学を翻訳、評論した。

翻訳編集

  • 魔法の樽 バーナード・マラマッド 荒地出版社 1968
  • ダッチマン奴隷 リロイ・ジョーンズ 晶文社 1969
  • ハノイで考えたこと スーザン・ソンタグ 晶文社 1969
  • なぜぼくらはヴェトナムへ行くのか? ノーマン・メイラー 早川書房 1970(ノーマン・メイラー選集)
  • 緑色革命 チャールズ・A.ライク 早川書房 1971 のち文庫
  • 短かい金曜日 アイザック・B.シンガー 晶文社 1971
  • 選ばれしもの ハイム・ポトク 早川書房 1971
  • 詩人ユースティス・チザムの仲間 ジェイムズ・パーディ 新潮社 1972
  • 戦争の嵐 ハーマン・ウォーク 早川書房 1974 のち文庫
  • “緑色革命"前後 チャールズ・A.ライク 早川書房 1977
  • ラグタイム E・L・ドクトロウ 早川書房 1977 のち文庫
  • 口に出せない習慣、奇妙な行為 ドナルド・バーセルミ 山崎勉共訳 サンリオSF文庫 1979
  • 愛のイエントル アイザック・B.シンガー 晶文社 1984
  • 野うさぎ R.バーコヴィチ 岩波書店 1984(岩波現代選書)
  • 戦争の絵物語 ドナルド・バーセルミ 集英社ギャラリー 世界の文学 集英社 1989
  • アメリカ合衆国とユダヤ人の出会い リー・J.レヴィンジャー 稲田武彦共訳 創樹社 1997(ユダヤ・イディッシュ基本叢書)
  • カバラー 今日の世界のための序説と解明 チャールス・ポンセ 創樹社 2001(ユダヤ・イディッシュ基本叢書)