メインメニューを開く

邯鄲 淳(かんたん じゅん、132年 - 220年以後)は、中国後漢末期の儒学者・書家。別名を竺という。は子叔(子淑)。豫州潁川郡の出身。劉表曹操の家臣で笑話集の『笑林』の編者として知られる。

初平年間の混乱の際に、荊州に逃れて劉表に仕えた。劉表の死後、劉琮に従って曹操に降った。曹操は、彼の才能や名声を聞いて敬意を払い、折りしも子の曹植が彼を求めたため曹植の配下とした。曹植は邯鄲淳と終日論じ合って、その博識ぶりに感嘆したと言われている。曹丕もまた彼を重んじて、の建国後に博士給事中に任命したが、この時には既に90歳近くになっていたとされ、程なく病死したと考えられている。

彼は書家としても知られ、『説文解字』をはじめとするあらゆる古い書体の知識に通じており、かつそれらに巧みであった。篆書は当代随一、隷書梁鵠に次いだと言われている。

著書に『笑林』・『芸経』が知られ、また文学作品に「投壺賦」がある。

三国志』には伝はないものの、同時代の『魏略』に伝が立てられている。