メインメニューを開く
郁芳通標識(西端の千本通
千本東入から東方向
NHK京都放送局の外観(郁芳通美福西入から)

郁芳通(いくほうどおり)は京都市上京区の東西の通りの一つ。東は西日暮通から、西は千本通まで、長さおよそ500メートルの住宅地の中の交通量の少ない通りである。途中、東から智恵光院通美福通浄福寺通土屋町通と交差する。

名称は、郁芳通のほぼ中心を南北に貫く美福通とともに、平安京大内裏に存在した宮城門の名に由来する。郁芳通の名前の由来となった郁芳門は大内裏東面に、美福通の名前の由来となった美福門は大内裏南面に位置した。

郁芳通が位置する主税町は、近世には京都所司代が位置し、近代には京都府監獄署(後に政府直轄となり「京都監獄」と改称。現在の京都刑務所)が位置した[1]。跡地は、(昭和)天皇大礼記念京都博覧会の会場としても活用された。

京都刑務所が存在した区画は、北は現在の丸太町通の若干南側である主税町域北辺、南は竹屋町通、東は西日暮通、西は千本通であり、郁芳通はその区画の中央を東端から西端まで貫いている。郁芳北通は郁芳通の北に位置する東西の通りであり、郁芳通同様東は西日暮通から西は千本通までである。郁芳通の南に位置する郁芳南通も、東は西日暮通から西は千本通までの東西の通りであるが、途中、智恵光院通と美福通の間を二条児童公園で分断される。郁芳下通は郁芳南通の南に位置し、東は西日暮通から西は智恵光院通までの短い通りである。

郁芳通、竹屋町通、智恵光院通、美福通に囲まれた場所に位置する二条児童公園には、平家物語の伝説である源頼政の鵺退治のあと、頼政が太刀についた鵺の血を洗ったといわれる鵺池がある[1]

沿道の主な施設編集

  • 二条児童公園 郁芳通美福東入
  • NHK京都放送局 郁芳通美福東入
  • 京都市上下水道局丸太町営業所 郁芳北通智恵光院東入
  • 京都市上下水道局きた下水道管路管理センター 郁芳北通智恵光院東入

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b 『京都市の地名』日本歴史地名体系27、平凡社、1979年、658頁
京都市内の東西の通り
西は
千本通
(郁芳下通は智恵光院通
まで
北隣の通り:丸太町通 東は
西日暮通
まで
郁芳北通
郁芳通
郁芳南通
郁芳下通
南隣の通り:竹屋町通