この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

郗 徽(ち き、468年 - 499年)は、南朝梁の武帝蕭衍の即位前に死別した正室。南朝宋文帝の外孫。蕭衍が梁を建てた後、皇后に追尊された。本貫高平郡金郷県

経歴編集

の太子舎人の郗燁と尋陽公主(文帝の娘)のあいだの娘として生まれた。幼くして聡明で、隷書を得意とし、史伝を読んだ。宋の後廃帝が後宮に入れようとしたが、病を理由に固辞した。の初年に、安陸王蕭緬が求婚したが、やはり断った。建元末年、蕭衍にとついだ。永興公主蕭玉姚・永世公主蕭玉婉・永康公主蕭玉嬛の3女を生んだ。

永泰元年(498年)、蕭衍は雍州刺史となると先に赴任して、後になって郗徽を迎えた。郗徽が雍州に到着してまもなく、永元元年(499年)8月に襄陽の官舎で死去した。享年は32。この年のうちに南徐州南東海郡武進県の東城里山に葬られた。中興2年(502年)、蕭衍が相国・梁公になると、郗徽に梁公妃の位が贈られた。蕭衍が即位すると、皇后に追尊された。陵墓は脩陵といった。

武帝は自身の生前には、他の女性を皇后にすることがなかった。

伝説編集

郗徽は嫉妬心が強く、死後、龍に変じ後宮に入った。武帝は体調を崩し、龍は井戸水を洪水にしたという。これは『南史』に記されている。

伝記資料編集

  • 梁書』巻7 列伝第1 皇后
  • 南史』巻12 列伝第2 后妃下